日本文化学科

教育目標

日本文化の現代に至る歴史や特質を理解し、世界に発信するために、深い造詣とグローバルな視野を身につける。

学科の特徴

1.文化という視点から幅広く学ぶ

日本文化の現代に至る歴史や特質を理解するために、民俗・歴史系、文学・芸術・思想系、現代社会系など様々な角度から学べる豊富なカリキュラムを用意しています。自分自身の興味に合わせてじっくりと学べます。

2.伝統文化を実践と理論の両面から修得

茶道、華道、書道、香道、有職故実ゆうそくこじつといった伝統文化については、共通科目の中で「実習」することが可能です。そうした体験をより正確に、また理論的に理解するための講義科目が、日本文化学科の専門科目には設けられています。実践と理論の両方を通じて、深く伝統文化を理解することを目指した、本学ならではのカリキュラムとなっています。

3.高いコミュニケーション能力を養う

日本文化の特質について、世界へ発信するために必要な語学力、情報処理能力など、高いコミュニケーション能力を培います。海外からの多くの優秀な留学生と一緒に学べる充実した学習環境も魅力です。

4.学科の枠を越えて自由に学べる

日本文化学科の専門科目に限らず、一人ひとりの興味・関心に合わせて、共通科目や他学科の専門科目群からの履修も可能です。より幅広く学ぶことによって、将来の可能性が広がります。

主任あいさつ

「日本文化」とは何か疑問を抱くこと

日本文化学科 主任 清水 敏男

「日本文化」という言葉は「日本」と「文化」という二つの言葉で構成されています。日本という共同体の文化という意味でしょうか。それでは日本という共同体の定義は何でしょう。

地理的な広がり、その中に流れた時間、日本語、日本という社会に日本の定義が見つかるのでしょうか。宗教、哲学などの精神世界、文学、美術、演劇、音楽などの芸術や生活の中にどのような日本があるのでしょう。疑問は尽きません。さらに文化という言葉の定義をどのように考えたら良いのでしょうか。

日本文化学科は「日本」と「文化」について限りなく疑問を抱きそれを解明しようとする教授陣と学生の集団です。大学生であるというのは短い時間ですがその時間には無限の可能性が秘められています。その可能性を押し開く鍵はあなた自身が疑問を抱くことです。そこで身につけた態度は生涯の糧となることでしょう。

それぞれの学生が抱く疑問を受け止めるために「民俗・歴史系」「文学・芸術・思想系」「現代社会系」「比較文化」の4つの科目群が用意されています。3年次(第5セメスター)からは民俗・歴史コース、日本語・日本文学コース、芸術文化・アートマネジメントコース、現代文化コースに分かれより専門的な研究=疑問の解明に進み、卒業論文へと導かれます。

さらに重要なことは日本文化学科が国際文化交流学部の一翼を担っているということです。「日本」という定義も「文化」という定義も「世界」という概念なしには成立しません。在学中に国際的な視野を持ちバランスの良い世界観を得ることが何よりも重要です。学生の皆さんの健闘を期待します。