教員紹介 澤田 匡人(さわだ まさと)

職名

准教授

担当科目

<学部>
日本文化基礎演習Q、日本文化演習R、国際文化交流論Ⅰ(文化と感情)、国際文化交流論Ⅳ(現代社会と臨床心理)、人間関係論Ⅲ(対人関係の発達)、教育心理学

専門分野

感情心理学

学位

博士(心理学)

主な研究業績

(著書)

  • 『シャーデンフロイデ』リチャード・H・スミス 勁草書房 2018年(単訳)
  • 『Envy at Work and in Organizations』Oxford University Press 2016年(共著)
  • 『心理学教育の視点とスキル』ナカニシヤ出版 2012年(共著)
  • 『対人関係のダークサイド』北大路書房 2008年(共著)
  • 『子どもの妬み感情とその対処』新曜社 2006年(単著)

(論文)

  • 「日本語版強欲傾向尺度の作成」心理学研究 2018年(共著)
  • 「妬みやすい人はパフォーマンスが高いのか?」心理学研究 2016年(共著)
  • 「妬みの発達」心理学評論 2010年(単著)
  • 「シャーデンフロイデの喚起に及ぼす妬み感情と特性要因の影響」感情心理学研究 2008年(単著)
  • 「児童・生徒における妬み感情の構造と発達的変化」教育心理学研究 2005年(単著)

メッセージ

たとえば、身近な人の成功を妬むあまり、その人が失敗すると思わず喜んでしまう。そんな気持ちの変化に心当たりはありませんか。こうした複雑で御しがたい感情を抱くプロセスについて、調査や実験を用いて解明しようとするのが「心理学」です。心理学は占いや魔術の類いではなく、あくまでデータに基づいて考える学問です。科学が描き出す人間の「心」に目を向けながら、人生の糧となる教養を培ってもらえたらと願っています。

その他

<資格>
臨床心理士、臨床発達心理士、専門社会調査士
<受賞歴>
感情心理学研究第16巻優秀論文賞、日本パーソナリティ心理学会第18回大会優秀大会発表賞、日本心理学会2015年度心理学ミュージアム優秀作品賞、日本感情心理学会第24回大会優秀研究賞、宇都宮大学ベストレクチャー殿堂
<所属学会>
日本心理学会、日本教育心理学会、日本発達心理学会、日本パーソナリティ心理学会、日本感情心理学会、日本社会心理学会、American Psychological Association、日本社会学会
<委員>
『教育心理学研究』編集委員会常任編集委員、栃木県いじめ問題対策委員会委員、栃木県いじめ問題対策連絡協議会副会長


トップへ戻る