日本文化学科の授業紹介

日本文化学科で行われている授業の一例を紹介します。

日本人論Ⅱ

木村 直恵 准教授
家族を作るということ、家族の中で生きるということ。これは人類にとって当たり前のことで、太古の昔から現在までどこでも変わらないと思われるかもしれません。しかし人々が実際にどのような家族の中で生きてきたか、何を家族だと思っていたのか、そして家族とはどうあるべきと考えていたかということは、時代により、地域により大きく変化してきました。日本の歴史を振り返ってもそうです。近代150年の間にも、家族のあり方は大きく変化してきました。それは家族をめぐる状況の変化でもあり、また家族についての理想の変化でもありました。
この授業では近代日本の家族の実態と理想と社会条件の変化を、さまざまな史料とともに振り返ります。家族の歴史には、その時代を生きた人々の喜びや苦しみや理想や挫折の経験や感情が織り込まれています。近代日本の小説や演劇、美術作品も、それぞれの時代の家族のあり方を踏まえることで見え方が大きく変わってくることでしょう。そして過去の人々の家族生活をめぐるさまざまな実験や失敗は、私たち自身のこれまでの経験やこれからの人生を考えるための糧ともなります。家族の歴史を学ぶことをつうじて、歴史研究が生きるうえでの知恵となることを体感できることでしょう。

ことばの変化と多様性

福島 直恭 教授
主として過去および現代の日本語について、その音的、意味的、構造的、コミュニケーション的側面などからアプローチを行ない、その使用実態や、多様性を明らかにすることをめざします。そして、そこから「人間にとって言語とはいかなる存在なのか」ということを考えていこうと思います。
音的側面とは発音やアクセントなど、意味的側面とは語や文の意味など、構造的側面とは語順や結びつき、コミュニケーション的側面とは人間同士のコミュニケーションにおける言語の働きという側面のことをいいます。
言語の多様性を明らかにして、その意味を理解するということは、文化の多様性、そして個々の人間の価値観や世界観の多様性を理解することにつながります。自分とは違う「他」と出会ったとしても、それは単に違うだけであって、いちがいに優劣は付けられないという、現代世界を生きる上でぜひとも必要な認識の仕方を訓練するということになると思います。
昨年度のゼミでは、多様な言語が共存していて、言語の扱いが社会問題に直結している典型的な地域であるシンガポール共和国について、その言語事情と言語政策を学びました。今年は、国内の方言と標準語の問題を考えるモデルケースとして、沖縄県の言語事情をとりあげて研究しています。

近現代美術とアートマネジメント

清水 敏男 教授
 私の授業は大きく2つに分かれています。ひとつは日本の近現代美術の歴史を研究することであり、もうひとつはアートマネジメントのなかでもとくにアートによる地域再生について研究することです。
 現代日本を理解することは世界が単一市場化した現代世界において自らのアイデンティティとして不可欠な要件です。現代とその直前の近代美術は日本人の精神構造を如実に表わすと同時に世界における日本人の位置を示す指標となります。日本人と世界とのダイナミックな関係を、アートを通して探ります。
 アートマネジメントの諸分野のうち博物館学は学芸員課程で学ぶことができます。日本文化学科の授業では演習でアートによる地域再生を研究します。少子高齢化、都市への人口集中は地方においても大都市においても大きな問題となっています。アートによっていかに地域のコミュニティーを再生し活性化させるかを学びます。 

メディア論

岩城 宏明 教授
テレビや新聞といったものをメディアと表現されることがありますが、ここで言う「メディア」とは、情報を伝達する媒体のことです。この授業では、常にインターネットを念頭に置きながら講義を進めます。
まず前半は、様々な分野で使われている「情報」という言葉が、どのように定義され使用されているかを見ていきます。また、多様な「情報の表現」にふれたあとで、コンピュータで使われる2進符号の表現について解説します。卒業制作等で役立つように、スマートフォン等の映像や写真に用いられている技術についても解説します。
授業の後半では、「情報の伝達と通信」をテーマに、インターネットの歴史に触れながら、プロトコルや暗号化技術について解説し、基本的な情報技術の理解を深めます。
最後に、情報技術と社会のかかわりについて、身近なSNS等を取り上げ、みなさんと考えていきます。

学習院女子大学の授業について、もっと詳しく知りたい!

詳細は大学案内パンフレットをご覧ください。


トップへ戻る