英語コミュニケーション学科

教育目標

高度な英語コミュニケーション能力と国際教養を身につけ、グローバルな現代社会で活躍できる学生を育成する。

学科の特徴

1.少人数教育で徹底的な英語力指導

主な英語の授業では、1クラス約15名という規模で少人数教育を行っています。これが英語コミュニケーション学科の第一の特徴です。少人数制の利点を活かして、実践的な英語を身につけることができます。

2.2年次に半年間の留学体験

本学科の学生は、2年次に全員がカナダの協定校レスブリッジ大学へ6カ月間の留学をします。留学先での語学授業やボランティア活動で英語力にさらに自信を深めることができます。

3.英語のみでのディスカッション中心のゼミを展開

専門演習科目群では、英語により各専門分野に関するより高度な知識とスキルを習得します。少人数でのゼミ形式は、ディスカッション・ディベートを中心にした積極的な学びの場となっています。

4.国際社会・国際関係について基礎から専門まで幅広く修得

世界における主要な国際問題、経済・文化摩擦、そして、それらを解決しようとする国連、環境問題などについて、国際人としての基礎知識を身につけます。その上で、より専門的な領域や、新たな視点での学びを深めます。

主任あいさつ

Building English Communication Skills

英語コミュニケーション学科
主任  CLAY, Simon Thomas

The Department of English Communication is a small and friendly department where full support is given to each individual student in order that she can achieve her full potential. After rigorous training in the four English language skills of speaking, listening, reading and writing, together with a full grounding in academic skills, all students spend six months at the University of Lethbridge in Alberta, Canada. Living as independent young adults in an English speaking environment extends their abilities and expands their horizons. Students return to the Department and, in small classes, maintain and improve their English skills while pursuing their own academic interests, leaving them fully equipped for their roles in academia or a wide range of professions. We are proud of our students, and hope that you will join us.


PageTop