教員紹介 宇都宮 由佳(うつのみや ゆか)

職名

准教授

担当科目

日本生活文化史Ⅲ・Ⅳ(食文化)、生活文化演習Ⅲ・Ⅳ(食品製造・食品加工)、生活環境論Ⅲ(健康と栄養)、現代生活論Ⅰ(現代食品情報)、日本文化基礎演習、日本文化演習

専門分野

食文化、生活文化

学位

博士(学術)

主な研究業績

(著書)

  • 『伝え継ぐ日本の家庭料理 肉・豆腐・麩のおかず』農山漁村文化協会 2018年(共著)
  • 『文化を食べる 文化を飲む グローカル化する世界の食とビジネス』ドメス出版 2017年(共著)
  • 『流れと要点がわかる調理学実習―豊富な献立と説明―』光生館 2015年(共著)
  • 『高等学校家庭科 生活産業情報』実教出版 2013年(共著)

(論文)

  • 「レシピ検索データに現れる牛豚を使った新正月料理」食文化研究 2016年(共著)
  • 「タイ北部における山地民のモチ食文化―カレン,ラフ,リス,アカ族」日本家政学会誌、2010年(単著)
  • 「ポルトガルの伝統菓子Fios de ovosのアジアへの伝播‐ゴア(インド)、タイ、日本の調査をとおして‐」食文化研究 2010年(単著)
  • 「タイ北部の人々にとってのカノムタイとは―その構造と機能―」日本家政学会誌、2006年(単著)

メッセージ

 食文化は、地域の風土により形成され、それぞれ固有のマナーやタブーがあります。また、異文化との交流、科学技術の進展によって変化していきます。食の起源や伝播、そこに込められた意義など、「食の背景」について学術的に調べてみませんか。

その他

<資格>
図書館司書、調理師、準デジタル・アーキビスト、デジタル・アーキビスト
<受賞歴>
(社)日本家政学会奨励賞受賞(社)日本情報教育学会奨励賞受賞(社)日本家政学会食文化研究部会 石川松太郎食文化研究奨励賞
<所属学会>
日本家政学会、日本家政学食文化研究部会、日本調理学会、日本伝統食品学会
<委員>
日本家政学会編集委員、日本家政学食文化研究部会編集委員、日本調理学会役員、日本伝統食品学会編集員


トップへ戻る