教員紹介 内野 儀(うちの ただし)

職名

教授

担当科目

日本文化基礎演習、日本文化演習、身体文化論(近現代舞踊)、身体文化論(現代演劇)、日本思想研究(劇場の思想)、国際文化交流演習(演劇)、比較文化論Ⅷ(Japanese CultureⅠ)、文化マネジメント演習ⅡA、文化マネジメント演習ⅡB

専門分野

表象文化論、舞台芸術(演劇・舞踊)論

学位

博士(学術)

主な研究業績

(著書/単著)

  • 『メロドラマの逆襲――〈私演劇〉の80年代』(勁草書房、1996年)
  • 『メロドラマからパフォーマンスへ――20世紀アメリカ演劇論』(東京大学出版会、2001年)
  • 『Crucible Bodies: Postwar Japanese Performance from Brecht to the New Millennium』(London: Seagull Press、2009年)
  • 『「J演劇」の場所―トランスナショナルな移動性(モビリティ)へ』(東京大学出版会、2016年)

(論文等)(最近の業績のみ)

  • 「舞台芸術の地殻変動―移動性(モビリティ)滞在(レジデンシー)の現場から」『新潮』2016年2月号
  • 「方法論としてのニュー・ドラマトゥルギー―共同討議の余白に」『表象』第10号、2016年
  • 「ヨーロッパ・フェスティヴァル文化から岡田利規/チェルフィッチュが受けた歓待を理論化/歴史化する―『横断=貫網の詩学』と『委任されたパフォーマンス』「チェルフィッチュ創立20周年記念サイト」、https://chelfitsch20th.net/articles/1834/、2018年
  • 集会(アセンブリ)としての演劇/劇場―シアターコモンズ’18のために」『シアターコモンズ’18 Report Book』、2018年
  • 「〈詩〉は到来するか?―ドラマとフォーマリズムの現在」『現代詩手帖』11月号、2018年

メッセージ

 表象文化とは、芸術にとどまらず、人間のあらゆる表現活動を指す言葉です。そのなかでも、古代から連綿と続く演劇や舞踊といった身体表現を中心に、皆さんとともに、実際に見て感じ、調べ、考えていきたいと思います。

その他

<学会及び社会における活動>
公益財団法人セゾン文化財団評議員。アーツカウンシル東京ボード委員。公益財団法人神奈川芸術文化財団理事。国際舞台芸術交流センター(PARC)理事。福岡アジア文化賞選考委員(芸術・文化賞)。ZUNI Icosahedron Artistic Advisory Committee委員(香港)。日本アメリカ文学会編集委員。「舞台芸術の創造・受容のための領域横断的・実践的研究拠点」運営委員会委員(京都造形芸術大学)。「Performance Paradigm」(豪州)及び「Dance Research Journal of Korea」(韓国)国際編集委員。「TDR」誌(米国)Contributing Editor。

<<教員紹介へ戻る



トップへ戻る