教員紹介 橋本 彩(はしもと さやか)

職名

准教授

担当科目

<学部>
現代文化論Ⅶ「スポーツ文化論」、日本文化基礎演習L「スポーツ文化の系譜」、日本文化演習L「スポーツ文化の諸相」、生活環境論Ⅱ「ウエルネス論」、社会環境論Ⅳ「遊びと祝祭」、特別総合科目XI「オリンピックの探究」、スポーツ・健康科学演習:「民族スポーツとニュースポーツ」「東洋の養生法」

専門分野

スポーツ人類学、文化人類学、地域研究

学位

博士(人間科学)

主な研究業績

(著書)
  • 『ラオス競漕祭の文化誌 −伝統とスポーツ化をめぐって−』(めこん、2020年)
  • 『スポーツ人類学の世界』(虹色社、2019年 共編著) 
  • 『よくわかるスポーツ人類学』(ミネルヴァ書房、2017年 共著)
  • 『教養としてのスポーツ人類学』(大修館書店、2004年 共著)
(論文等)
  • Spirit cult and Buddhism in Luang Prabang, Laos: Through analyses of rituals in boat race festival, International Journal of Sport And Health Science vol.6 2008.
  • Artistic weight lifting Kantou: Tradition and Acculturation, International Journal of Sport And Health Science vol.4, Special Issue 2006.
  • 「スポーツを介したラオス政府の少数民族政策:モン族の事例」『第一回亜州運動人類学国際研究会論文集』,アジアスポーツ人類学会, 2014年4月.

メッセージ

「スポーツ」という言葉には、オリンピックを頂点とした「競技」というイメージがありますが、世界には競技スポーツに留まらない多種多様なスポーツが存在しています。スポーツの歴史や世界に広がる様々なスポーツ文化を通して、これまで自分の中にあった「スポーツ」に対する固定観念にとらわれることなく、多面的にスポーツを捉える目を養って欲しいと思っています。

その他

<所属学会> 日本スポーツ人類学会、日本体育学会、日本文化人類学会、東南アジア学会

« 教員 紹介へ戻る

PageTop