教員紹介 土屋 有里子(つちや ゆりこ)

職名

准教授

担当科目

<学部>
日本文化基礎演習H、日本思想史Ⅲ/Ⅳ、伝統文化論Ⅲ(能楽)、日本文化論、比較民俗文化論Ⅱ(民間伝承)、比較文化論Ⅱ(文学)、日本文化演習H

専門分野

日本中世文学、キリシタン文学

学位

博士(文学)

主な研究業績

(著書)

  • 『内閣文庫蔵『沙石集』翻刻と研究』(笠間書院、2003年)
  • 『『沙石集』諸本の成立と展開』(笠間書院、2011年)

(論文)

  • 無住著作における法燈国師話-鎌倉寿福寺と高野山金剛三昧院-、国語と国文学79-3号、2002年3月
  • 梵舜本『沙石集』考-増補本としての可能性、中世文学50号、2005年6月
  • 『妻鏡』成立考-女人説話の検討から-、国語国文77-12号、2008年12月
  • 歌書『無名抄』を読む-鴨長明歌の世界-、『超訳方丈記を読む』、新人物往来社、2012年3月
  • ロドリゲス『日本大文典』における鴨長明作品の引用について、古典遺産61号、2012年9月
  • 無住直筆『置文』・『夢想事』再考、説話文学研究52号、2017年9月

メッセージ

中世には僧侶による文芸活動が盛んに行われました。キリスト教が伝来すると、宣教師によって西洋の物語が翻訳され、同時に『平家物語』や『太平記』といった日本の古典文学のキリシタン版も作成されました。仏教語と古語、ラテン語やポルトガル語の表記が入り交じる作品を読んでいくと、異文化交流の原点が見えてきます。同じことを表現しようとしても、文化や宗教が異なればこんなに違うのか!という新鮮な驚きと嬉しい発見を、皆さんと共有していきたいと思っています。


トップへ戻る