日本文化学科

教育目標

日本文化を正しく世界に発信するために、深い造詣とグローバルな視野を身につける。

学科の特徴

1.文化という視点から幅広く学ぶ

日本文化を正しく理解するために、芸術・思想系、民俗・歴史系、現代社会系など様々な角度から学べる豊富なカリキュラムを用意しています。自分自身の興味に合わせてじっくりと学べます。

2.伝統文化を実践と理論の両面から修得

茶道、華道、書道、香道、有職故実ゆうそくこじつといった伝統文化については、共通科目の中で「実習」することが可能です。そうした体験をより正確に、また理論的に理解するための講義科目が、日本文化学科の専門科目には設けられています。実践と理論の両方を通じて、正しく伝統文化を理解することを目指した、本学ならではのカリキュラムとなっています。

3.高いコミュニケーション能力を養う

日本文化の特質について、世界へ発信するために必要な語学力、情報処理能力など、高いコミュニケーション能力を培います。海外からの多くの優秀な留学生と一緒に学べる充実した学習環境も魅力です。

4.学科の枠を越えて自由に学べる

日本文化学科の専門科目に限らず、一人ひとりの興味・関心に合わせて、共通科目や他学科の専門科目群からの履修も可能です。より幅広く学ぶことによって、将来の可能性が広がります。

主任あいさつ

日本を世界の中でとらえ、「日本文化」をみつめなおす

P11_160303_GWC_027.jpg

日本文化学科 主任 岩城 宏明

日本文化学科は、日本文化に関する広い知識と深い理解の上に立って、国際感覚と高い言語能力を身につけ、世界に向けて日本文化を発信するとともに、その継承と発展に寄与する人材を育成することを目的としています。
カリキュラムは、「芸術・思想」「民俗・歴史」「現代社会」「比較文化」の4つの科目群を設け、日本文化の伝統と特質について十分な理解が得られるように編成しています。また、発信する能力を培うために、語学に加え、情報処理、日本語表現法などの科目と連携を図っています。
最終学年の「卒業論文・卒業研究」では、自分でテーマを見つけ研究に取り組み、日本文化を多面的に観察し、専門的に分析する能力を身につけることを期待しています。


トップへ戻る