科目等履修生の募集

出願資格

一 学校教育法第83条に定める大学を卒業した者
二 外国において学校教育における16年の課程を修了した者
三 文部科学大臣の指定した者(昭和28年文部省告示第5号)
四 大学に3年以上在学し、又は外国において学校教育における15年の課程を修了し、所定の単位を優れた成績をもって修得したものと研究科委員会が認めた者
五 その他、大学を卒業した者と同等以上の学力があると研究科委員会が認めた者
なお、大学院と学部の授業科目両方を履修することもできます。ただし、申請可能な科目の範囲は、両方の合計で1学期につき4科目8単位までとします。学部の授業科目の出願については、学部の出願要項を確認してください。

出願手続

下記の(1)(2)(3)により、出願期間内に出願書類を揃えて、7号館1階事務室(科目等履修生担当)に提出してください。

(1)出願期間
春学期:3月上旬、秋学期:8月下旬
受付時間:午前9時~11時、 午後1時~3時 (※土曜日については午前のみ)

(2)出願書類
① 科目等履修生願(本学所定の用紙) :1通
② 履歴書(市販用紙、最近3か月以内撮影の写真貼付):1通
③ 最終学校卒業(卒業見込)証明書:1通
④ 成績証明書:1通
⑤ 住民票および在留カードの写し(外国籍の者のみ):1通
〔住民票は、履修生手続時に別に1通必要となります。〕
※外国籍の場合、③最終学校卒業(卒業見込)証明書と④成績証明書は原則として英語または日本語によるものとし、原本を提出することとします。
ただし、原本が1部しかなく提出できない場合は、その写しをとって返却しますので必ず原本を提示してください。
【②③④については、本大学院修了生・学習院女子大学卒業生は、不要。】

(3)選考料 20,000円
大学院と学部の授業科目を同時に出願する場合も、選考料は20,000円です。
2学期以上続けて出願を予定している場合、2学期目からの選考料は不要となります。

選考

書類選考および必要に応じて面接・筆記試験を行います。
なお、面接・筆記試験は行う場合、詳細については本人に通知します。

履修許可通知

選考結果は本人宛に通知します。
なお、履修を許可された者には、許可通知、手続書類および納付金振込用紙を送付します。

履修手続

(1)手続期間
春学期:3月中旬、秋学期:9月中旬
受付時間:午前9時~11時、午後1時~3時
必要書類を全て揃えて、7号館1階事務室(科目等履修生担当)に提出してください。
手続きを完了した者については、7号館1階事務室(科目等履修生担当)にて身分証を交付します。(※上記期間に手続きできない場合はご連絡ください。)

(2)納付金
① 登録料 10,000円
ただし、2学期以上継続する場合は、初回のみとします。
② 科目履修料として、1学期につき、1科目40,000円

履修科目範囲

1学期につき4科目8単位まで。
なお、大学院と学部の授業科目両方を履修することもできます。ただし、申請可能な科目の範囲は、両方の合計で1学期につき4科目8単位までとします。
(また、学位授与機構の修士学位を取得する目的で履修する場合は審査のうえ、上限を超えて認めることがあります。)
① 研修科目群の科目は履修できません。
② 演習科目群および実務演習科目群の履修は、履修者数により認められないことがあります。

注意事項

① いったん納付した選考料、登録料、および科目履修料はいかなる理由があっても返還しません。
② 履修科目の変更・追加・辞退について

  • 願い出た履修科目の変更・追加は認めません。
  • 出願を取り下げる場合は、書面をもって願い出てください。
  • 許可後の履修科目の変更・追加・辞退は認めません。

③ 日本国籍を有しない場合、本学において履修科目範囲の限度一杯の履修が認められても、その科目の合計時間数では、留学ビザ申請の要件を満たすことはできません。
④ 履修を許可された者は、本学正規学生に準じて学則をはじめとする諸規則を遵守しなければなりません。
⑤ 春学期科目の成績表については9月下旬、秋学期科目については3月下旬(詳細については掲示)に7号館1階事務室(科目等履修生担当)にて交付します。成績証明書(単位取得証明)の請求は、春学期:9月下旬以降・秋学期:3月下旬以降に、7号館1階事務室(科目等履修生担当)にて受け付けます。


トップへ戻る