海外同時授業

2012年9月から、カナダの協定校で行われている授業を本学で同時に行うプロジェクトがスタートしました。時差があるため現地で夕方行われる授業を、こちらでは朝に受講する形になります。授業は一方通行ではなく、先方の教員にリアルタイムで質問したり、学生同士で討論することも可能で、対面式と遜色のないものとなっています。先方で示される資料は別スクリーンでこちらに示され、こちらの質問者は先方の教員の前に大きく映し出されます。このシステムは英語圏の大学の授業が日本の大学で同時に行われるという、他ではほとんど類を見ない革新的なものです。2014年度は、2014年2月に交流協定を締結したカナダのレスブリッジ大学との間で、双方の教員が交互に授業を受け持つ形で授業を展開しました。受講した学生からは、通常の授業では得られない新しい視点が得られ、大きな収穫となったとの声が多く寄せられました。2015年度以降もレスブリッジ大学との同時授業は継続予定です。

IMG_2469.JPG

レスブリッジ大学教員による授業風景

IMG_2477.JPG

本学教員による授業風景

 


トップへ戻る