教員紹介 清水 將吾(しみず しょうご)

職名

准教授

担当科目

<学部>
情報処理Ⅰ・Ⅱ、日本文化基礎演習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ、日本文化演習Ⅰ・ Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ

専門分野

情報科学・情報セキュリティ

学位

博士(工学)

主な研究業績

  • Associated Disease Frequency-based Measure for Finding Candidate Target Genes from the Biomedical Literature, The 4th International Workshop on Intelligent Informatics in Biology and Medicine (IIBM 2011), pp.524-529, June 2011 (共著).
  • Extending the Tractability Results on XPath Satisfiability with Sibling Axes, The 7th Int'l XML Database Symposium (XSym2010), LNCS6309, pp.37-48, Sep. 2010 (共著).
  • プライバシー保護データマイニング, 丸善, 2010年 (共訳).

メッセージ

日本のインターネット普及率は約8割、世界のインターネット人口 は20億人に達しており(2011年)、情報化社会は今や、私たちにとって現実の社会と同様に重要な生活・コミュニケーションの場となっています。情報化社会の一市民として、情報技術がもたらす利便性をどのように活用できるか、また、情報化社会が直面する様々な問題に対してどのように対応すればよいかを皆さんとともに考えていきたいと思います。

その他

情報処理学会、電子情報通信学会各正会員
国際基督教大学非常勤 講師(2008年~)

<<教員 紹介へ戻る


トップへ戻る