大学院の特長

研究科の特徴

現場と実践の重視

「国際文化交流研修」をはじめ、国内外の文化交流機関・文化施設・国際機関・シンクタンク・国際NGOにおける様々な研修・インターンの機会を提供し、文化交流・国際協力等をめぐる諸課題や諸環境の理解と、文化政策・文化マネジメント・国際協力・国際機構分析・国際社会分析等の専門家・実務家として必要な実践能力・問題解決能力の向上を図ります。

学際性に富んだ研究・教育内容

実務者・研究者にとって必要となる柔軟な思考と広範な視野を養うため、専門領域の異なる複数の教員による研究指導や、特定専門領域にとらわれない多角的視点からの様々な研究プログラムを提供するとともに、専門の教員によるきめ細かい指導を行っています。

長期履修制度

出願に際して希望すれば、3年以上8年以内の長期履修が認められる制度があります。1年あたりの学費は履修計画年数に応じて減額されます。

研究科委員長メッセージ

国際的視野をもったプロフェッショナルの育成

GWC_0301_074light.jpg

国際文化交流研究科
研究科委員長 清水 敏男

 学習院女子大学大学院国際文化交流研究科は2004年4月に創設され、アートマネジメント、国際協力、日本学・比較文化、国際関係・地域研究の各プログラムを通じて国際文化交流の研究を展開し、それぞれの分野で国際的に活躍できるプロフェッショナルを養成、国際社会に送り出してきました。
 本研究科の学生は少人数の演習科目を通じて専門研究を深めると同時に、本研究科教員に加えて、国際社会で活躍する現役の専門家による特殊研究科目を履修することによりそれぞれの専門分野において実践に裏打ちされた専門知識を得ることができます。実務演習科目ではより実践的な知識を獲得し将来プロフェッショナルとして活躍するための準備をします。
 本研究科では学内での履修に加えて学外での研修を重視しています。海外、国内での研修、インターンを履修し、知識を現場で磨くことにより地に足のついた専門家を養成することを目指しています。
 こうした数多い開講科目のなかから学生は指導教授のアドバイスのもと各プログラムに沿って自由に履修計画をたて、修士論文または特定課題研究に取り組みます。
 現代社会は国際化がますます進行し国際的に活躍できる人材を必要としています。本研究科での履修を通じて専門家としての研究方法を体得するとともに学部レベルでは得られない国際的視野をもった専門知識を獲得することにより知と実践の探求者としての一歩を踏み出していただきたいと願っています。



トップへ戻る