大学院の特長

研究科の特徴

現場と実践の重視

「国際文化交流研修」をはじめ、国内外の文化交流機関・文化施設・国際機関・シンクタンク・国際NGOにおける様々な研修・インターンの機会を提供し、文化交流・国際協力等をめぐる諸課題や諸環境の理解と、文化政策・文化マネジメント・国際協力・国際機構分析・国際社会分析等の専門家・実務家として必要な実践能力・問題解決能力の向上を図ります。

学際性に富んだ研究・教育内容

実務者・研究者にとって必要となる柔軟な思考と広範な視野を養うため、専門領域の異なる複数の教員による研究指導や、特定専門領域にとらわれない多角的視点からの様々な研究プログラムを提供するとともに、専門の教員によるきめ細かい指導を行っています。

長期履修制度

出願に際して希望すれば、3年以上8年以内の長期履修が認められる制度があります。1年あたりの学費は履修計画年数に応じて減額されます。

研究科委員長メッセージ

多様で複合的な文化を学際的に探究する中で国際社会に貢献できる専門家及び研究者を育成します

P43_160303_GWC_055.jpg

国際文化交流研究科
研究科委員長 荒井 啓子

学習院女子大学大学院「国際文化交流研究科」は、2004年4月、「文化交流のエキスパートの育成」を掲げて開設されました。爾来、多彩な専門領域を学際的に学べる環境の中で国際社会に貢献しうるアートマネジメント及び国際協力の専門家養成を進め、加えて、「日本文化への深い理解と海外への発信」「諸外国・諸文化との相互理解」を促進し国際文化交流に寄与できる質の高い研究者の育成を目指しています。
文化はそれが繰り広げられる地域や時代の歴史的・社会的背景等によって固有の特徴を有します。国際文化交流研究においては、それら一つ一つの多様な社会の多様な文化についての多角的な知見を深めることが不可欠です。そのために本研究科では、「学びの領域」として4つのプログラムを用意し、「芸術を中心とする文化の創造及び普及活動の企画立案」や「公共空間におけるプロジェクトの立案・運営」などの実践力を習得できると同時に、「日本文化及び比較文化研究による海外発信」や「国際関係及び地域研究」などに関わる学術的研究も展開できるように工夫されています。このように学術と実践の両面からの相互アプローチが可能なカリキュラムが体系的かつ多彩に構成されています。こうした環境の中で大学院生の皆さんには、多様かつ複合的な文化を学際的に探究する愉しみに出会い、さらには充実した研究生活の中から国際社会に貢献しうる専門家・研究者としての道を切り拓かれることを願っています。


トップへ戻る