国際コミュニケーション学科

教育目標

国際感覚とコミュニケーション能力を身につけた学生を育てる。

学科の特徴

1.地球という大きな視点から学ぶ

様々な異文化を知ることは、国際社会を理解する足掛かりになります。そのため、世界全体を見渡した文化理解、地域研究を時間軸という視点も交えて学習します。

2.国際関係について探究

国際関係の基礎として、言語やコミュニケーションから、政治、経済、経営、法律、環境科学、マスコミまで幅広く学習できます。そこからさらに深く国際関係論や国際政治などに進むことができます。

3.問題解決能力を培う実践的なゼミ

3年次に始まる少人数形式のゼミナールでは、各自が興味ある事柄の中からテーマを発見し、それについての問題点を調べ、考え、解決方法を見出します。各分野のスペシャリストの教員が研究をきめ細かくバックアップします。

4.他学科の科目も学べる自由度の高い履修システム

国際コミュニケーション学科の専門科目以外にも、一人ひとりの興味・関心に合わせて、共通科目や他学科、他大学の専門科目群からの履修も可能です。より幅広く学ぶことで可能性を広げます。

主任あいさつ

国際大きく変動する世界の中でより良い『答え』を見つけるための力をつける

P17_160303_GWC_007.jpg

国際コミュニケーション学科
主任 荘林 幹太郎

地球規模での様々な課題に我々は直面しています。国際コミュニケーション学科では、歴史、文化、政治、経済、環境、芸術、宗教などあらゆる角度からこれらの課題を考え、柔軟なコミュニケーション力で他者と意見を交換し、より良い世界や社会をつくることに参画できる人材を育成することを目標としています。そのため、「国際関係」、「比較文化・地域研究」、「コミュニケーション」の3分野をコアとした基礎から応用に至る幅広い科目を履修するとともに、3,4年次には、自ら問題を発見し分析する力を、ゼミを通じて学んでいきます。これらを通じて皆さんが、多様な価値観を有する他者と交わりながらより良い『答え』を見つけようとする意欲と力を身につけていくことを期待しています。


トップへ戻る