教員紹介 金城 亜紀(きんじょう あき)

職名

教授

担当科目

<学部>
経営学I・II、国際コミュニケーション基礎演習、国際コミュニケーション演習、特別総合科目III(国際企業)、国際文化交流論X(加Lethbridge大学との共同開講)
<大学院>
国際マネジメント演習I・II

専門分野

経営史、経営学

学位

(学歴)
東京大学教養学部教養学科(国際関係論専攻)卒業
米国コロンビア大学経営大学院修了(MBA)
京都大学大学院経済学研究科修了 博士(経済学)

(職歴)
大学卒業後、日本興業銀行を経て、米系経営コンサルティング会社シニアマネージャー、欧州系投資銀行取締役、日米合弁会社CEO等、幅広くマネジメント業務に従事。50歳を機に教育・研究に転じ、関西外国語大学教授を経て2015年より現職

主な研究業績

http://researchmap.jp/silk19/ をご参照ください。

メッセージ

経営学は、みなさんの関心と必要性に応じて様々なアプローチが可能な、とても面白い領域です。講義では、私たちがより良い人生を歩むためにはどうすれば良いかを、経営学の視座から一緒に考え、必要な知識を身につけます。演習では、経営に歴史のスパイスを加えて多面的に掘り下げます。教員と学生、そして学生同士が双方向に語り学び合う授業形態を通して、生産的なディスカッションの進め方を体得することも目指します。みなさんと教室でお会いできますのを楽しみにしています。

その他

<科学研究費助成事業・研究代表者>

  1. 基盤研究(C)(経済史)、「製糸金融における倉庫の役割~諏訪倉庫からみる第十九銀行の繭担保融資」、課題番号:16K03795、平成28年度~平成31年度。
  2. 研究活動スタート支援(財政学・金融論)、「動産債権担保融資における情報・コミュニケーションの媒体としての担保機能の日米比較、課題番号:24830111、平成24年度~平成25年度。

<<教員紹介へ戻る


トップへ戻る