共通科目

教育目標

深い教養、高度な技能、実践的な現場経験を通して、国際社会に貢献できる人材を育てる。

教務部長あいさつ

国際文化交流に必要な視野・教養・語学力・実践力を養います。

乾先生GWC_17_0316_029light.jpg

教務部長 乾 尚彦

文化の交流と相互理解に必要とされる諸能力の養成を目指す本学ならではの独自性に富んだ科目群です。

①「共通基礎科目群」「社会演習科目群」「日本語表現法科目群」「情報技術科目群」では国際文化交流の基礎となる教養・技能・マナーを養い、「外国語科目1群(英語)」や「同2群(他の主要言語)」では国際交流に最も重要な高度な外国語運用能力を養います。

②その基礎の上に、「国際文化交流論科目群」「人間・環境系科目群」「特別総合科目群」では国際文化交流の本質を理解するために必要な視点・知識・情報を提供しますが、中でも「国際文化交流論科目群」はその道の専門家が指導し、「特別総合科目群」は机上では把握できない諸問題について第一線の実務者・研究者が指導します。

③また「国際文化交流演習科目群」「伝統文化演習科目群」「生活文化演習科目群」「スポーツ・健康科学演習科目群」は国際社会で活躍できる実践力を養うためのもので、一流の講師陣の講義を聴き、あるいは貴重な現場経験を通して学ぶ他に類を見ない演習科目です。
これらを通して国際社会でリーダーシップを発揮する人材を育成します。


トップへ戻る