教員紹介 福島 雅子(ふくしま まさこ)

職名

准教授

担当科目

<学部>
日本文化基礎演習II・III・IIII・IVI、伝統文化論Ⅷ(染織)、日本生活文化史ⅠⅡ(衣文化)、比較文化論Ⅶ(生活)、日本生活文化論Ⅱ(通過儀礼)、比較文化論VII(生活)、日本文化演習II・III・IIII・IVI

専門分野

日本染織史、服飾史

学位

博士(美術)

主な研究業績

(著書)

  • 『江戸のきものと衣生活』小学館 2007年(共著)
  • 『日本史色彩辞典』吉川弘文館 2012年(共著)
  • 『中国文化史大辞典』大修館書店 2013年(共著)

(論文)

  • 「伝徳川家康所用「白練緯地松皮菱竹模様小袖」について ―近世染織史上における位置付けをめぐって―」『東京芸術大学美術学部論叢』第5号 2009年(単著)
  • 「近世初頭の武家服飾に関する研究 ―伝徳川家康所用服飾類を中心に―」『鹿島美術研究』年報第28号別冊 2011年(単著)
  • 「東京国立博物館所蔵「白紫段練緯地葵紋散模様陣羽織」について ―制作時期と形態の再検討を中心に―」『美術史』第173冊 2012年(単著)
  • 「紀州東照宮所蔵「紺地宝尽小紋小袖」について ―染織技法の検討と徳川家康所用小紋染服飾類との比較を中心に―」『和歌山県立博物館研究紀要』第19号 2013年(単著)
  • 「雁金屋関係資料にみる近世初期の武家服飾に関する一考察 ―徳川家康と徳川将軍家の服飾類を中心に―」『東京芸術大学美術学部論叢』第9号 2013年(単著)

メッセージ

人は古来、美しく装い、身の回りのものを装飾するために、染や織の技法によるさまざまな工夫を重ねてきました。日本では「きもの」を装う文化が現代まで継承され、染織・服飾文化の歴史の一部が私たちの身近に生き続けているといえます。      
しかし、私たちにとって最も身近な服飾文化に関して、その歴史に触れる機会は十分とは言えないでしょう。今日まで続く服飾文化の源流や、様々な時代の諸相を分析することにより、日本文化の本質に触れてほしいと思います。

その他

(所属学会)
 美術史学会、服飾文化学会、服飾美学会、国際服飾学会。
 
(受賞歴)
「東京国立博物館所蔵「白紫段練緯地葵紋散模様陣羽織」について ─制作時期と形態の再検討を中心に─」(『美術史』第173冊、2012年)にて、2013年度・第12回美術史学会『美術史』論文賞 受賞。

<<教員 紹介へ戻る


トップへ戻る