教員紹介 福島 直恭(ふくしま なおやす)

職名

教授

担当科目

<学部>
日本文化基礎演習Ⅰ・Ⅱ、日本文化演習Ⅰ・Ⅱ、社会言語学Ⅰ・Ⅱ、日 本語学Ⅱ、日本語表現法Ⅱ

専門分野

日本語学 日本語史

学位

博士(言語学)

主な研究業績

  • 『「あぶない」が「あぶねえ」にかわる時-日本語の変化の過程と定着 -』(単著)2002年 笠間書院
  • 『書記言語としての「日本語」の誕生-その存在を問い直す-』(単著 )2008年 笠間書院
  • 『近世語研究のパースペクティブ-言語文化をどう捉えるか』(共著) 2011年 笠間書院

メッセージ

ことばについて考える目的は、正しいことばを選び取ることではなく、ことばの多様なあり方を理解することだと思います。ことばの多 様性を理解できれば、それを通して、世界の各文化や、個々の人間の多様な価値観を受け入れることもできるようになると思います。ことばを対象とするのは単なる切り口であって、その奥にある人間について考えていくことができればと思っています。

その他

<<教員 紹介へ戻る


トップへ戻る