教員紹介 澤田 知香子(さわだ ちかこ)

職名

教授

担当科目

<学部>
英語演習IC,C、外国語演習ID,IE,D、イギリス文化論Ⅱ、国際コミュニケション基礎演習I・ⅢL, ・ⅣL、国際コミュニケーション演習IL,L

専門分野

英語圏文学(イギリス小説)・文化、ポストモダニズム理論

学位

修士(文学)、関西学院大学
M. A. [Modern Literature and Culture], University of York, UK.
Ph. D. [English Literature], University of Glasgow, UK.

主な研究業

(著書)

  • Muriel Spark's Postmodernism (Eihosha, 2012)

(論文)

  • 女性が語る女性の変身:語りのApprenticeとDaddy's Girl (2015)
  • ラリッサ・ライのハイブリッドな娘たち―女たちの新世界 (2015)
  • アダムなき世界のイヴたちへ:ウルフ、カーターからラリッサ・ライまで (2016)
  • スコットランド国立図書館、ミュリエル・スパーク・アーカイブの現在(2017)
  • Muriel Spark とExiledom: "Gentile Jewess"をめぐって(2017)
  • Alexander MacLeod's Stories: Genius Loci in the Dark and in Decline (2019)

メッセージ

 イギリスの近現代小説を中心に、おもしろい物語はなんでも読みます。ミュリエル・スパークが一番好きな作家ですが、ファンタジーも大好きです。授業では児童文学や映像作品もよく扱います。言葉の織物(テクスト)を解きほぐし、真実という美しいパターンを見つけるのは楽しくて、ときにしんどい作業です。真実は"simple"でも"single"でもないから、人はフィクション(虚構)を書き、読むのでしょう。文学は、楽しく学ぶ以上に、学ぶということの本当の楽しさを知るのにうってつけの学問です。

その他

<受賞>
 関西学院大学英米文学会 第二回英米文学会賞

<所属学会>
 日本英文学会、日本カナダ文学会、関西学院大学英米文学会、日本ヴァージニア・ウルフ協会

« 教員 紹介へ戻る

PageTop