教員紹介 金城 亜紀(きんじょう あき)

職名

教授

担当科目

<学部>
経営学I・II、国際コミュニケーション基礎演習、国際コミュニケーション演習、特別総合科目III(国際企業)、国際文化交流論X(加Lethbridge大学との共同開講)
<大学院>
国際マネジメント演習I・II

専門分野

経営史、経営学

私は経営学の研究者です。経営を歴史的な視座で考察する「経営史」を研究しています。大きな研究テーマは、担保(対象資産や法制、慣行など)の変遷が企業や金融機関の経営、ひいては社会や経済にどのような影響を与えたかを検討することです。究極的には、「担保の歴史」を解明したいと考えています。

同時に、「法と経営」という新しい複合領域を開拓しています。その一環として2017年に学術誌「法と経営研究」を創刊(共同編集代表)、2020年に一般社団法人「法と経営学会」を設立(副会長)しました。研究者はもちろん、実務家にも多く参画していただいています。

このように、既存の枠組みや体系にこだわることなく有効な手段を総動員して研究に励み、その成果を教育に活かし社会に貢献できるように努力しています。

法と経営研究HPhttps://www.shinzansha.co.jp/news/n23610.html

法と経営学会HPhttps://lawmanagement.wordpress.com

学位

(学歴)
東京大学教養学部教養学科(国際関係論専攻)卒業
米国コロンビア大学経営大学院修了(MBA)
京都大学大学院経済学研究科修了 博士(経済学)

(職歴)
大学卒業後、日本興業銀行、米系経営コンサルティング会社、欧州系投資銀行、日米合弁ベンチャー企業にて25年間にわたりグローバルな経営に従事しCEOなどを経験しました。50歳を機にキャリアを大転換して博士号を取得し現在に至ります。これからは、組織のみならず個人のキャリア上の多様性・ダイバーシティーが重視されます。経営者としての実体験を踏まえ、経営学を机上の空論に終わらせないように授業や演習を構築しています。

主な研究業績

http://researchmap.jp/silk19/ をご参照ください。

メッセージ

「努力している限り人間は悩むものだ」(ファウスト第一部 天井の序曲)。迷い、悩み、苦しむことは若者の特権です。それは、「人は何のために生きるのか」という問いかけに対して自分自身の答えを出すことにもつながります。経営学は、現実をしっかり踏まえながら自分の信ずるところ、理想とするところを実現するための学問です。理論と実践の両面にわたり基礎から一緒に学び、自らの人生を主体的に「経営」する実力を大学で身につけましょう。みなさんと教室でお会いできることを楽しみにしています。

その他

金城ゼミの運営は学生が行いその活動と成果を積極的に発信しています。
ゼミHP:https://kinjozemi.amebaownd.com
ゼミtwitter: https://twitter.com/kinjo_gwc

« 教員 紹介へ戻る

PageTop