試験について

試験について

定期試験は春学期の期末試験を7月下旬に、秋学期の期末試験を1月下旬に各々実施しますが、授業科目によってはこの期間外に実施するものもあります。
定期試験の時間割は1~2週間前に掲示を以て発表します。

試験実施時間

時限 試験時間
第1時限 午前9時00分~10時20分
第2時限 午前10時50分~12時10分
第3時限 午後1時10分~2時30分
第4時限 午後3時00分~4時20分
第5時限 午後4時50分~6時10分

受験上の注意

  1. 履修届によって登録された授業科目でなければ受験することは出来ない。
  2. 試験時間割には、平常の授業と試験の曜日・時限・教室が異なる科目があるから注意すること。
  3. 受験の際には、必ず学生証を携帯し、試験時間中は常に机上(通路側)に呈示しておかなければならない。
  4. 学生証を忘失した者は、試験期間中に限り特別に発行する「仮学生証(学内試験用)」の交付を受け、呈示しなければならない。仮学生証は、学生部で発行する。
  5. 学生証、筆記具、持ち込みを許された本・ノート類以外の所持品は、バック等に入れて空いている椅子の上に置く。本・ノート類を広げたまま置いてはならない。
  6. 試験開始の合図があるまで、配付された問題を見てはならない。
  7. 試験開始後20分以上遅刻した者は受験を認めない。また、試験開始後30分を経過するまでは、試験場からの退出を許可しない。解答を断念した場合も同様である。試験開始後30分以内に無断で退室したときは、不正行為とみなす。
  8. 解答用紙には、最初にボールペンもしくは万年筆で学籍番号、氏名等所要事項を記入し、退出の際には、教卓、教壇等指示された場所に必ず提出しなければならない。解答を断念した場合も同様である。
  9. 手洗い等のため、一時退室することは認めない。
  10. 携帯電話、ポケットベルなどについては、電源を切った上バック等の中にしまうこと。時計の代用として使用してはならない。

次の行為は不正行為として、厳重な処分を行います。

  • 持ち込みを許可されていないノート、教科書、参考書等を参照すること。
  • 試験時間中にノート、教科書、参考書等を貸借すること。
  • 代人が受験すること。
  • 他人の答案をのぞき見て写したり、写させたりすること。
  • 試験中に私語をすること。
  • 試験時間中に試験場を出入りすること。
  • 監督員の指示に従わないこと。
  • その他、以上の不正行為に類する行為をすること。


トップへ戻る