教員紹介 大桃 敏行(おおもも としゆき)

職名

教授

担当科目

<学部>
国際コミュニケーション演習J、国際コミュニケーション基礎演習J、教育学、比較教育学
<大学院>
比較文化演習ⅡB

専門分野

教育行政学、教育制度論

学位

博士(教育学)

主な研究業績

・『教育行政の専門化と参加・選択の自由―19世紀後半米国連邦段階における教育改革論議―』(単著)風間書房、2000年
・『教育の平等と正義』(ケネス・ハウ著、共訳)東信堂、2004年
・『教育改革の国際比較』(共編著)ミネルヴァ書房、2007年
・『学校改革』(共編著)日本図書センター、2010年
・『生涯学習―多様化する自治体施策―』(共編著)東洋館出版社、2010年
・『アメリカ教育改革の最前線―頂点への競争―』(共編著)学術出版会、2012年
・『教育現場に革新をもたらす自治体発カリキュラム改革』(共編著)学事出版、2014年
・「ガバナンス改革と教育の質保証」小玉重夫編著『学校のポリティクス』岩波書店、2016年

メッセージ

教育改革について歴史や国際比較を含めて検討してきました。教育は個々人の成長や発達、社会の存続や発展、文化の継承や創造にとって重要な営みであり、そのためにまた多くの課題があります。教え学ぶことの意味やそれを支える仕組みについて、皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

その他

日本教育行政学会会長、日本教育学会法人理事、日本教育政策学会常任理事、日本教育制度学会理事、日本学術会議連携会員など(2017年4月現在)

<<教員紹介へ戻る


トップへ戻る