英語コミュニケーション学科の授業紹介

英語コミュニケーション学科で行われている授業の一例をご紹介します。

英語コミュニケーション専門演習科目群 ・国際コミュニケーション特殊演習Ⅰ/Ⅱ(3年次)

ファリア・グレン・R 教授
Understanding cross-cultural communication This seminar will provide students with a foundation in intercultural communication and will lead them to a greater understanding of their own culture as well as of other cultures. In a world which is getting increasingly smaller yet more populated, with a diversity of cultures, languages and ethnic groups, and threatened by misunderstanding, prejudice, discrimination, and conflict, it is important to be able to communicate effectively with people of other cultures. In order to do this, language skills are important, of course, but so is an understanding of intercultural communication itself. We will study about intercultural communication through English, so students will be able to develop their English skills as well as increase their knowledge of intercultural communication.

英語コミュニケーション専門演習科目群・映像文化特殊演習 I/II(3年次)

岩﨑光洋 教授
「戦艦ポチョムキン」から「ロード・オブ・ザ・リング」まで 近年、テレビ、映画、ドキュメンタリー・フィルムなどの映像を活用し、欧米の諸文化を研究する、あるいは、映像文化そのものの歴史と未来を研究することが盛んになっています。こうした動きはDVD、ビデオ等の普及により、映像が非常に身近なものになったこと、映像が有する極めて説得力のある実証性がその主要な要因と思われます。 現代の私たちが、こうしたさまざまな映像を観て、どのような視点・歴史認識に基づいて、どのような分析・解釈をすることが可能なのか、考えてみようというのが、本演習の主要な目的です。例えば、アカデミー作品賞を獲得した作品の歴史をたどれば、そこには各時代のアメリカ大衆の政治・経済・社会状況・精神状況の陰影が色濃く反映していることが読み取れるはずです。また、ハリウッドのトップ女優の変遷を紐解けば、女性の社会的認識の変化、それに伴う女性の社会進出に至るまでの歴史の一端を明確に理解することが可能なはずです。

学習院女子大学の授業について、もっと詳しく知りたい!

詳細は大学案内パンフレットをご覧ください。


トップへ戻る