国際コミュニケーション学科

ディプロマ・ポリシー(学位授与方針)

 本学学則に定める期間在学し、所定の教育課程を履修して、以下に示す能力を身につけ、卒業に必要な単位を修得した者に「学士(国際コミュニケーション)」の学位を授与します。
 
[知識・理解]
1.国際社会の特質やその多様な文化に関する広範な知識とすぐれた見識をそなえている。
2.国家間、文化間のコミュニケーションに必要な学識を継承していくことができる。
[汎用的技能]
3.学術上、社会生活上の問題の発見・分析・解決に必要な思考力・判断力・表現力を身につけている。
4.国際社会において、また異文化との間で、的確かつ円滑にコミュニケーションすることができる語学力を身につけている。
5.現代社会において必要とされる情報コミュニケーションの技能を修得している。
[態度・志向性]
6.多様な文化と相互理解を図ることができる広い視野をもっている。
7.国際社会で活躍できる教養と品格をそなえている。
8.諸文化の価値を認め、適切な敬意を払うことができる。

カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成実施方針)

 国際コミュニケーション学科では、国際社会で活躍するために必要な知識とコミュニケーション能力、豊かなグローバル感覚を身につけるために、「国際関係」「比較文化・地域研究」「コミュニケーション」などの専門科目を段階的に学習して、学際的な認識と理解が深まるように専門科目群を体系的に編成しています。
 1・2年次には、大学4年間の学習の動機付け、基礎能力の育成、問題発見・解決能力、自分の考えを伝える表現力を養うことを目的に、基礎演習科目、国際関係基礎科目、地域文化系基礎科目を開講し、初年次教育の充実を図っています。また、初年次教育の科目群や専門科目群の学習過程で修得した知識を世界に向けて的確に発信するコミュニケーション能力を培い、異文化理解を深めるために、共通科目群として、国際共通語の英語(外国語科目1群)と他の主要な言語(同2群)、情報処理、日本語表現法、国際文化交流論、人間関係論、自然環境論、スポーツ・健康科学、海外研修など、様々な分野の科目を体系的に編成しています。
 3・4年次には、基礎演習を含む専門科目群、共通科目群で学んだことを踏まえ、様々な問題の発見と分析および解決能力の習得を図るために専門演習科目群、外国語演習科目群を編成し、4年次は卒業論文、卒業研究等に取り組むことで、高度なコミュニケーション能力と豊かなグローバル感覚を培い、国際社会で活躍できるスキルを身につけます。
 

アドミッション・ポリシー(学生受入方針)

■一般入試(A・B方式)
 国際コミュニケーション学科では、本学学則に定める期間在学し、所定の教育課程を履修して、ディプロマ・ポリシー(学位授与方針)に示す能力を身につけ、卒業に必要な単位を修得した者に「学士(国際コミュニケーション)」の学位を授与しています。
 本学科は、「国際関係」「比較文化・地域研究」「コミュニケーション」などの専門科目を段階的に学習して、学際的な認識と理解が深まるように専門科目群を体系的に編成しています。
 1・2年次には、大学4年間の学習の動機付け、基礎能力の育成、問題発見・解決能力、自分の考えを伝える表現力を養うことを目的に、基礎演習科目、国際関係基礎科目、地域文化系基礎科目を開講し、初年次教育の充実を図っています。また、習得した知識を世界に向けて的確に発信するコミュニケーション能力を培い、異文化理解を深めるために、共通科目群として、英語(外国語科目1群)と他の言語(同2群)、情報処理、日本語表現法、国際文化交流論、人間関係論、自然環境論、スポーツ・健康科学、海外研修など、様々な分野の科目を体系的に編成しています。
 3・4年次には、様々な問題の発見と分析および解決能力の習得を図るために専門演習科目群、外国語演習科目群を編成し、4年次は卒業論文、卒業研究等に取り組むことで、高度なコミュニケーション能力と豊かなグローバル感覚を培い、国際社会で活躍できるスキルを身につけます。
 以上のような本学の教育内容に関心を持ち、一定の基礎学力を有する学生を選抜するため、A方式においては、外国語(コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、英語表現Ⅰ・Ⅱ)100点、国語(国語総合)100点、地理歴史(日本史B、世界史Bの2科目のうち1科目選択)100点の総点300点の試験を実施します。B方式においては、外国語(コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、英語表現Ⅰ・Ⅱ)100点、国語(国語総合)100点の総点200点の試験を実施します。A方式では、日本語と英語の読解力や表現力のほかに、日本や世界の歴史に関する知識が問われます。B方式では、主として日本語と英語の読解力や表現力が問われます。
 
■推薦入学試験B(公募制)
 国際コミュニケーション学科では、本学学則に定める期間在学し、所定の教育課程を履修して、ディプロマ・ポリシー(学位授与方針)に示す能力を身につけ、卒業に必要な単位を修得した者に「学士(国際コミュニケーション)」の学位を授与しています。
 本学科は、「国際関係」「比較文化・地域研究」「コミュニケーション」などの専門科目を段階的に学習して、学際的な認識と理解が深まるように専門科目群を体系的に編成しています。
 1・2年次には、大学4年間の学習の動機付け、基礎能力の育成、問題発見・解決能力、自分の考えを伝える表現力を養うことを目的に、基礎演習科目、国際関係基礎科目、地域文化系基礎科目を開講し、初年次教育の充実を図っています。また、習得した知識を世界に向けて的確に発信するコミュニケーション能力を培い、異文化理解を深めるために、共通科目群として、英語(外国語科目1群)と他の言語(同2群)、情報処理、日本語表現法、国際文化交流論、人間関係論、自然環境論、スポーツ・健康科学、海外研修など、様々な分野の科目を体系的に編成しています。
 3・4年次には、様々な問題の発見と分析および解決能力の習得を図るために専門演習科目群、外国語演習科目群を編成し、4年次は卒業論文、卒業研究等に取り組むことで、高度なコミュニケーション能力と豊かなグローバル感覚を培い、国際社会で活躍できるスキルを身につけます。
 以上のような本学の教育内容に関心を持つ学生を選抜するため、とりわけ学生の学習意欲や志望動機を重視する観点から、受験生を広く募るために用意されているのが、公募制の推薦入試B方式です。この方式では、日本語の小論文と面接を実施し、その結果により、合格判定が下されます。面接は、学力試験では測れない能力を見出すことを目的として行い、入学後の勉学意欲についての明確な目的意識が求められます。
 
■海外帰国生徒入学試験
 国際コミュニケーション学科では、本学学則に定める期間在学し、所定の教育課程を履修して、ディプロマ・ポリシー(学位授与方針)に示す能力を身につけ、卒業に必要な単位を修得した者に「学士(国際コミュニケーション)」の学位を授与しています。
 本学科は、「国際関係」「比較文化・地域研究」「コミュニケーション」などの専門科目を段階的に学習して、学際的な認識と理解が深まるように専門科目群を体系的に編成しています。
 1・2年次には、大学4年間の学習の動機付け、基礎能力の育成、問題発見・解決能力、自分の考えを伝える表現力を養うことを目的に、基礎演習科目、国際関係基礎科目、地域文化系基礎科目を開講し、初年次教育の充実を図っています。また、習得した知識を世界に向けて的確に発信するコミュニケーション能力を培い、異文化理解を深めるために、共通科目群として、英語(外国語科目1群)と他の言語(同2群)、情報処理、日本語表現法、国際文化交流論、人間関係論、自然環境論、スポーツ・健康科学、海外研修など、様々な分野の科目を体系的に編成しています。
 3・4年次には、様々な問題の発見と分析および解決能力の習得を図るために専門演習科目群、外国語演習科目群を編成し、4年次は卒業論文、卒業研究等に取り組むことで、高度なコミュニケーション能力と豊かなグローバル感覚を培い、国際社会で活躍できるスキルを身につけます。
 海外帰国生徒のための入学試験は、海外体験と基礎能力を踏まえ、より広い視野をもって勉学に臨むことのできる学生を求めます。試験は、小論文(日本語)と面接(英語・日本語)が行われ、その結果、本学で学ぶ十分な能力があると認められた場合、合格判定が下されます。面接に際しては、本学で何を学ぶのかについての明確な目的意識が求められます。
 
■社会人入学試験
 国際コミュニケーション学科では、本学学則に定める期間在学し、所定の教育課程を履修して、ディプロマ・ポリシー(学位授与方針)に示す能力を身につけ、卒業に必要な単位を修得した者に「学士(国際コミュニケーション)」の学位を授与しています。
 本学科は、「国際関係」「比較文化・地域研究」「コミュニケーション」などの専門科目を段階的に学習して、学際的な認識と理解が深まるように専門科目群を体系的に編成しています。
 1・2年次には、大学4年間の学習の動機付け、基礎能力の育成、問題発見・解決能力、自分の考えを伝える表現力を養うことを目的に、基礎演習科目、国際関係基礎科目、地域文化系基礎科目を開講し、初年次教育の充実を図っています。また、習得した知識を世界に向けて的確に発信するコミュニケーション能力を培い、異文化理解を深めるために、共通科目群として、英語(外国語科目1群)と他の言語(同2群)、情報処理、日本語表現法、国際文化交流論、人間関係論、自然環境論、スポーツ・健康科学、海外研修など、様々な分野の科目を体系的に編成しています。
 3・4年次には、様々な問題の発見と分析および解決能力の習得を図るために専門演習科目群、外国語演習科目群を編成し、4年次は卒業論文、卒業研究等に取り組むことで、高度なコミュニケーション能力と豊かなグローバル感覚を培い、国際社会で活躍できるスキルを身につけます。
 社会人のための選考は、TOEIC®等の外部団体が実施する英語試験結果および本学の実施する筆記試験(日本語の小論文)と面接に基づき行われ、その結果、本学で学ぶ十分な能力があると認められた場合、合格判定が下されます。面接に際しては、入学後、本学科で何を学ぶのか、卒業後はどのような道に進みたいのか、という将来の進路についての明確な目的意識が求められます。
 
■編入学試験
 国際コミュニケーション学科では、本学学則に定める期間在学し、所定の教育課程を履修して、ディプロマ・ポリシー(学位授与方針)に示す能力を身につけ、卒業に必要な単位を修得した者に「学士(国際コミュニケーション)」の学位を授与しています。
 本学科は、「国際関係」「比較文化・地域研究」「コミュニケーション」などの専門科目を段階的に学習して、学際的な認識と理解が深まるように専門科目群を体系的に編成しています。
 1・2年次には、大学4年間の学習の動機付け、基礎能力の育成、問題発見・解決能力、自分の考えを伝える表現力を養うことを目的に、基礎演習科目、国際関係基礎科目、地域文化系基礎科目を開講し、初年次教育の充実を図っています。また、習得した知識を世界に向けて的確に発信するコミュニケーション能力を培い、異文化理解を深めるために、共通科目群として、英語(外国語科目1群)と他の言語(同2群)、情報処理、日本語表現法、国際文化交流論、人間関係論、自然環境論、スポーツ・健康科学、海外研修など、様々な分野の科目を体系的に編成しています。
 3・4年次には、様々な問題の発見と分析および解決能力の習得を図るために専門演習科目群、外国語演習科目群を編成し、4年次は卒業論文、卒業研究等に取り組むことで、高度なコミュニケーション能力と豊かなグローバル感覚を培い、国際社会で活躍できるスキルを身につけます。
 編入学のための入学試験は、筆記試験(英語と学科に関わる筆記試験)と面接が行われ、その結果により、合格判定が下されます。判定に際しては、入学後に学ぶ専門分野が明確であること、それを学ぶ能力があること、将来の進路が明確であることなどが求められます。
 
■外国人留学生入学試験
 国際コミュニケーション学科では、本学学則に定める期間在学し、所定の教育課程を履修して、ディプロマ・ポリシー(学位授与方針)に示す能力を身につけ、卒業に必要な単位を修得した者に「学士(国際コミュニケーション)」の学位を授与しています。
 本学科は、「国際関係」「比較文化・地域研究」「コミュニケーション」などの専門科目を段階的に学習して、学際的な認識と理解が深まるように専門科目群を体系的に編成しています。
 1・2年次には、大学4年間の学習の動機付け、基礎能力の育成、問題発見・解決能力、自分の考えを伝える表現力を養うことを目的に、基礎演習科目、国際関係基礎科目、地域文化系基礎科目を開講し、初年次教育の充実を図っています。また、習得した知識を世界に向けて的確に発信するコミュニケーション能力を培い、異文化理解を深めるために、共通科目群として、英語(外国語科目1群)と他の言語(同2群)、情報処理、日本語表現法、国際文化交流論、人間関係論、自然環境論、スポーツ・健康科学、海外研修など、様々な分野の科目を体系的に編成しています。
 3・4年次には、様々な問題の発見と分析および解決能力の習得を図るために専門演習科目群、外国語演習科目群を編成し、4年次は卒業論文、卒業研究等に取り組むことで、高度なコミュニケーション能力と豊かなグローバル感覚を培い、国際社会で活躍できるスキルを身につけます。
 外国人留学生のための入学試験では、勉学に支障のない日本語能力が必要とされます。試験は、筆記試験(英語と日本語)と面接(日本語)が行われ、その結果、本学で学ぶ十分な能力があると認められた場合、合格判定が下されます。面接に際しては、入学後、本学科で何を学ぶのか明確な目的意識が求められます。


トップへ戻る