学長メッセージ

ご存知のように「グローブ」とはまさに球体である「地球」を表す語で、グローバルとはその「地球」全体に及ぶことを言います。

人類は南アフリカ地域を揺籃として、徐々にその生息範囲を広げ、やがてまさにグローバルな存在となりました。その過程で、集団ごとにそれぞれにたどり着き、居住地と定めた地域で様々に独自の文化を形成しました。

やがてグローバルな存在になった後も、人類は広がることをやめませんでした。すると今度は異なった文化同士が出合うことになりました。ところがこの出会いは、多くの場合不幸なことに「衝突」となり争いを引き起こしました。
なぜ異なった文化の出会いが衝突を引き起こすのでしょう。

音楽の用語から始まった言葉に「クロスオーバー」という語があります。異なったジャンルの音楽が融合しあって新たな音楽世界を作り出すことです。それは各々のプレイヤーが他のジャンルの音楽を理解し、それぞれの担い手を尊敬しあうところに融合が生まれるのです。

文化の出会いもこの「クロスオーバー」へと向かうのが好ましいのではないでしょうか。融合とまではいわなくとも、互いの文化を尊敬し、理解することに成功すれば衝突はあり得ないでしょう。そこに至る出発点は、自分の文化を絶対視しない視点を持つことにほかなりません。

そして、自分の文化をよく理解したうえで、世界の様々な文化に触れることこそが、相対的な視点を確保し、他を理解し、尊敬する態度を生み出すでしょう。

学習院女子大学は、それを可能にする場を用意しています。かたちとしては三学科に分かれていますが、各学科を基盤としつつ、様々なジャンルの学問が体験できます。皆さん、どうぞ本学の用意した多彩な専門分野に触れて、真の文化交流に至る道へと踏み出してください。

学習院女子大学長 神田 典城


トップへ戻る