文化交流ギャラリー

平成23年、2号館に『文化交流ギャラリー』が開設されました。

内部空間、特にガラスケース内の温湿度の調節により、日本画や繊細な扱いが求められる作品・資料の展示が可能です。

このギャラリーは平成24年度から博物館学芸員の養成課程が改正され、カリキュラムを拡充するとともに学内での博物館実習のための展示施設を充実させるという文部科学省の新しい方針に基づいて整備されました。

今の日本には約5千7百館の博物館があり(平成23年度文部科学省調査)設置数は毎年増加しています。平成22年度の調査によれば、日本全国の博物館には年間2億7千万人近い人々が訪れています。

重要な存在となった博物館で働く専門職である学芸員数も増加の傾向にあり、その仕事も多様化し、高い能力を備えた人材がますます求められています。そして、『文化交流ギャラリー』でのさまざまな展示活動を通じて研究教育活動が活性化することが期待されます。

添付蔡國強展示.JPG

平成29(2017)年度展示

展覧会名 開催期間
アフリカの美術 5月24日~6月9日
今までも これからも 6月12日~7月30日
ビジュアルな妖怪たち ー絵巻・錦絵・ちりめん絵本に見るー 10月2日~10月21日
目を閉じるⅢ 10月30日~11月18日
FROM OUR ROOM YUI USUI 碓井ゆい展 12月4日~12月22日

平成28(2016)年度展示

展覧会名 開催期間
シェイクスピア没後400年記念展 ~Shakespeare, What a Wonderful World! 5月9日~6月4日
茶の湯で巡る四季展 6月20日~7月9日
1885年の文化発信 ―ヨーロッパに渡った〈ちりめん本〉日本昔話シリーズ― 9月27日~10月9日
ゴールするランナーたち オリンピックと芸術 10月18日~11月23日 
ことばのカプセル ―学習院女子薬局― 12月5日~16日

平成27(2015)年度展示

展覧会名 開催期間
学習院戸山キャンパスのうつりかわり展 4月1日~5月9日
写真部 春の写真展 5月18日~30日
草木七変化~学習院女子大学の色~ 6月8日~26日
イメージのイメージ 7月6日~16日
日本の文化空間 7月18日
東の妖怪・西のモンスター 10月6日~11月4日
蔡國強の足跡 Kコレクションによる 11月9日~12月11日
彩発見―暮らしの中の色― 12月21日~1月29日
学習院戸山キャンパスのうつりかわり展 3月18日~4月22日

平成26(2014)年度展示

展覧会名 開催期間
わたなべもとかのアニマルパラダイス 5月26日~7月4日
ラオスの手仕事 ―織と刺繍― 7月14日~8月21日
秋の夜長のファンタジィ -お伽草子絵の魅力- 10月11日~24日
オリンピックの美-東京、札幌、長野- 11月16日~12月14日
KITEN ー現在の私をつくってきたもの― 1月19日~2月6日

平成25(2013)年度展示

展覧会名 開催期間
春の写真展 4月8日~4月26日
中古文学会春季大会 貴重書籍等展示 特別展示「文化の華Ⅲ」 6月8日~11日
ディティールを楽しむ 7月1日~20日
ちりめん本というピクチャー・ブック ―明治時代の文化発信― 10月19日~10月28日
流 麻二果展「無色と白色」 Manika Nagare: Colorless and White 11月11日~12月20日
みんなの世界旅行記展 ~お土産とみんなの体験記から、世界を写実的に描く~ 1月8日~1月29
私の色 2月5日~2月15日
文化の華 Ⅳ 3月12日~4月12日

平成24(2012)年度展示

展覧会名 開催期間
ニワトリが先かタマゴが先か ―オランダの彫刻家ラム・カツィール展 4月23日~6月1日
日本のディケンズ朗読展 6月11日~7月13日
お伽草子・妖怪錦絵 10月1日~10月11日
二〇〇年前の日本の村 ―摂州嶋上郡郡家村文書にみる― 10月15日~11月16日
絵本―それは文化の1ページ― 12月3日~1月19日
文化の華 巻之弐 ~新収蔵品を中心に~ 3月19日~4月4日

平成23(2011)年度展示

展覧会名 開催期間
浮世絵と貝合わせ展 5月14日~6月3日
中国・韓国の現代写真家 6月6日~6月25日
「東日本大震災~被災者が撮る写真~」被災者からの情報発信(web写真展プロジェクト) 6月下旬~7月中旬
小澤蘭雪書道展 9月12日~9月30日
女性たちのスポーツ史 10月10日~10月22日
目を閉じるⅡ 11月7日~1月20日
文化の華-新収蔵品を中心に- 3月19日~4月13日


トップへ戻る