基本方針

学習院女子大学の理念・目的(建学の精神)

 学習院女子大学は、国境・民族・文化をこえ、人類の平和と文化の発展を希求し、地球的視野から人類が歩んできた過去及び進むべき未来を研究教授し、その深奥を究めるとともに、社会と手を携えつつ、人格の陶冶と情操の涵養を図り、時代を先導する女子の創造的リーダーを育成することを目的とする。(大学学則第1条)

学習院女子大学の教育目標(人材育成方針)

国際文化交流学部

 国際文化交流学部は、関連諸学問に対する高い識見を有するとともに、豊かな教養と地球的視野を持ち、文化の交流と相互理解を通じて国際社会に貢献できる人材を育成することを目的とする。(大学学則第3条第2項)

教育研究上の目的

日本文化学科

 日本文化学科は、日本文化に対する広い知識と深い理解の上に立って、国際感覚と高い言語能力を身につけ、世界に向けて日本文化を発信するとともに、その継承と発展に寄与する人材を育成することを目的とする。(大学学則第3条第3項第1号)

国際コミュニケーション学科

 国際コミュニケーション学科は、国際関係と異文化に対する広範な知識と深い理解力、併せて高度の言語並びにコミュニケーション能力の習得を通して、国際社会に積極的に貢献する人材を育成することを目的とする。(大学学則第3条第3項第2号)

英語コミュニケーション学科

 英語コミュニケーション学科は、英語による高度なコミュニケーション能力を有し、豊かな国際的教養と論理的思考力を備え、国際・情報化社会で活躍する人材を育成することを目的とする。(大学学則第3条第3項第3号)

学習院女子大学大学院の教育目標(人材育成方針)・教育研究上の目的

国際文化交流研究科 国際文化交流専攻 

 学習院女子大学大学院は、国際文化交流に関わる学部教育の基礎の上に、高度にして専門的な学術の理論及び実践面への応用を教授研究することを通じて、アートマネジメント・文化交流及び国際協力・国際開発の専門家の養成、並びにそれらに関わる学術研究の専門家の養成を目的とする。(大学院学則第1条)

内部質保証に関する方針

 学習院女子大学は、全学内部質保証推進組織である運営委員会において、本学の理念・目的(建学の精神)、教育目標(人材育成方針)の実現に向け、各部門が定めるディプロマ・ポリシー(学位授与方針)、カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成実施方針)、アドミッション・ポリシー(入学者受入方針)の不断の検証に取り組む。また、運営委員会及び自己点検・評価委員会において、事業計画書・事業報告書に基づいて、教育研究活動等の自己点検・評価を行い、恒常的に教育研究水準の向上及び教育研究活動の改善に努める。

学習院女子大学が求める教員像と教員組織の編制方針

学習院女子大学の求める教員像

 学習院女子大学は、本学の理念・目的(建学の精神)、教育目標(人材育成方針)を理解し、優れた教育力、高度な研究力を有し、本学の人材育成と国際社会の発展に貢献する教員を求めます。

教員組織の編制方針

 学習院女子大学は、大学設置基準・大学院設置基準に則り、専任教員を適切に配置するとともに、年齢・性別構成の均衡、女性のキャリア支援、外国人教員の採用などにより、ダイバーシティに配慮した教員組織を編制します。

教員の募集・採用・昇格方針

 学習院女子大学は、教員の募集・採用・昇格にあたり、本学の定める基準に則り、公正かつ適切な資格審査手続きによって、厳正なる選考・審査等を行います。

教員の資質向上方針

 学習院女子大学は、ファカルティ・ディベロップメント委員会を中心として授業改善に向けた施策を推進するとともに、各種研修制度、研究助成等の充実を図り、組織的かつ継続的に教員及び職員の教育研究・職務能力の維持・向上に努めます。

学生支援に関する方針

 学習院女子大学は、学生が充実した学生生活を安心して送ることができるよう学生支援に関する方針を以下のとおり定めています。

修学支援

 学生一人ひとりが学習に専念でき、幅広い教養と高度な専門知識を養うことができるよう、初年次教育やラーニングサポート、キャリア教育の充実を図り、エンロールメント・マネジメントを推進します。

生活支援

 学生の心身の健康を維持し、また経済的に安定した学生生活を送ることができるよう支援体制を整備します。

キャリア支援

 女性のキャリア構築に関する多種多様な支援の充実を図り、学生・卒業生に対し的確なキャリアサポートを行います。

教育・研究環境の整備に関する方針

 学習院女子大学は、本学の理念・目的(建学の精神)、教育目標(人材育成方針)の実現と、学生・教職員の教育研究能力の更なる高度化・グローバル化に向けて、既存の教育研究環境の適切な維持・管理に加え、本学ならびに学校法人学習院が定める中・長期計画に基づいて計画的に教育研究に関わる施設・設備を整備します。

社会連携・社会貢献に関する方針

 学習院女子大学は、本学の人的・物的資源の活用により、多様な教育研究成果を社会に還元し、本学の理念・目的の実現に向けて、地域、社会、各種の企業・団体等との連携・交流を推進します。

管理運営方針

 学習院女子大学は、本学の理念・目的(建学の精神)、教育目標(人材育成方針)の実現に向け、関係法令及び学内諸規程に基づき、柔軟かつ適切な管理運営、質の高い事務組織の運営に努めます。また、本学の発展のため、学校法人学習院とともに中・長期の財務計画を策定し、健全で安定した財政基盤(経営基盤)を確立します。


トップへ戻る