学生の声

日本文化学科2年(2013年度) 鵜飼 桜子

私がこの研修に参加したのは、世界の中心の都市であるワシントンで、文化政策や外交、政治、経済を学びたいと思ったからです。実際に多くの貴重な場所へ行き、様々なことを実践的に学ぶことができました。

特に、スミソニアン博物館での講義では、アメリカの文化理念である「quality of life」を深く学ぶことができました。また、国務省や日本国大使館では、ワシントンが行う多くの政策が世界の平和に繋がっているということ、世界が日本のことをよく知っているのは広報活動が結び付いているということなどが非常に勉強になりました。

そして、事前研修やワシントンでの講義を通して、常に疑問点を持ちそれを自分なりに考え、体験や調べたりすることを通して答えを見つけること、自分の伝えたいことを的確に伝えて相手が伝えたいことを努力して受け取るということを学びました。また、事前学習の後に実際に体験するとさらに理解や興味が深まり、その日のうちに復習することで新たに学んだことを消化し、自分の中に蓄えることができました。そして、世界が求める日本人像や、自国の文化を知ってからこそ他国にも関心を持つことができるという「真の国際人」について知ることができ、自分のまだ曖昧であった将来を深く考えるきっかけにもなりました。アメリカの学生の話では、彼らの意識の高さや日々の努力に驚きました。それらを通してさらに学ばなければいけないことや伸ばしていきたいことなどを発見し、今後の目標が多く生まれました。

ワシントンでの生活では、驚きと発見に満ちた非常に刺激的で充実した毎日でした。アメリカ人はフレンドリーで個性的な人が多く、笑顔で挨拶をしてくれたり、英語で会話ができるようになったり、自然が共存する美しい街並みに癒されたりと毎日楽しく、自信とポジティブ思考と心の余裕を教えてもらいました。日々大変なこともありましたが、参加した仲間に刺激を受けて、楽しく生活ができました。この研修で学んだことを忘れずに、さらに成長してからまたワシントンに行きたいと思います。

国際コミュニケーション学科2年(2013年度) 小平 暁子

国際政治の中心地・ワシントンDCで、国際協力や、米国の政治・文化の実態について理解を深めるための研修。この研修の日々を通じて、自分の中で大きく変わったことの一つに「学びに対する姿勢」があります。今までの学習では、与えられた課題をこなすだけ、といった受動的な学習の機会が圧倒的に多く、自ら「なぜそうなるのか」「問題点は何か」と考えることがあまりありませんでした。しかし、このワシントンセミナーでの学習は、各々が主体的に行動することでこそ、意味を成すものです。実際に、参加した学生たちはみな、学んだことを自分自身のものにしようと、積極的に意見を交わして勉強していました。その中で必死に勉強し、討論に参加していったことは、「学びに対する姿勢」を今一度考える上で、大変有意義なものでした。帰国してからも、少しずつではありますが、学ぶことに積極的になり、自分の世界が広がっていくことを実感できていることは、私にとって大きな成果です。

また、「百聞は一見にしかず」という言葉がありますが、この研修ではその意味を痛感する機会に何度も出会いました。たとえば、フィリップスコレクションでは、学芸員という仕事の立ち位置から文化・習慣の違いを、スミソニアン協会の自然博物館では、展示内容や入館制度を通して、アメリカという国が持つ「世界全体のリーダーとなる」という価値観を肌で感じました。

そして、この研修にはたくさんの「出会い」と「感謝」がありました。ご協力いただいた先生方や現地の方々、2週間お世話になりっぱなしだったルームメイトの2人、そして一緒にこの研修に参加した熱心な学生のみなさん、その全ての出会いが私を成長させてくれるものでした。本当に感謝しています。ありがとうございました。これからも感謝の気持ちを忘れずに日々精進し、立ち止まったときには、この研修のことを振り返り、将来に向けて励みたいと思います。

ワシントンセミナーでは、参加者の目的や考えはそれぞれ違いますが、全員がかけがえのない経験を得たことは確かです。この研修に興味がある人がいたら、ぜひ一歩踏み出してみてください。きっと世界は広がります。

国際コミュニケーション学科2年(2013年度) 星川 亜紗美

高校3年生の受験の時期、学習院女子大学のパンフレットでこのワシントンセミナーを知り、ワシントンセミナーに参加して、もっと世界のことを知り自分の視野を広げたいと思ったことが、私が学習院女子大を志望した理由の1つとなりました。

ワシントンセミナーは2年生以上が対象なので、1年次に大学生として必要な基礎知識を学んだ上で参加できたことは、より多くの経験を得ることができたという面で非常によかったと思います。

実際、自分は政治や経済に関する知識はあまり持っていなかったので、行く前の事前授業でみっちり勉強をし、また自分でもさまざまな疑問を持った状態で研修に臨めたことは大変よかったです。ワシントンでは、いままでで1番頭をフル回転させて過ごした2週間でしたが、その分、この研修に参加しなければ一生かかってもできなかっただろうと胸を張って言える、自分にとって大きな経験となった2週間でもありました。毎日世界の最前線にいる方々からの貴重なお話を聞き、たくさんの質問をしてたくさんのことを吸収し、ホテルに帰っても仲間たちとたくさんの議論を交わし、日々自分の成長を実感できました。時には自分の無知さに落胆するときもありましたが、それを知れたことだけでも帰国後の今は大きな一歩だったと思います。現代社会で、世界の政治、経済、文化などを知ることはとても重要なことであり、それを肌で感じることができたことはこれからの将来、自分の強みになっていくものだと思います。この素晴らしい経験を忘れずに、残り2年間、将来世界で人の役に立てる人材となっていけるように頑張っていこうと思います。

何かに一生懸命になってみたい人、もっと広い世界を見てみたい人、自分の視野を広げてみたい人、ぜひ、参加してみてください!自分を変える良いきっかけとなると思います。

研修メンバー、先生方、お世話になった方々、本当にありがとうございました。


トップへ戻る