文部科学省「平成27年度私立大学等改革総合支援事業」タイプ4に選定され、「私立大学等教育研究活性化設備整備事業」でも採択されました!

学習院女子大学は、平成27年11月18日付で、文部科学省「平成27年度私立大学等改革総合支援事業」のタイプ4「グローバル化」に、2年連続で選定されました。選定されたのは78大学です。

本事業は、教育の質的転換、地域発展、産業界・他大学等との連携、グローバル化などの改革に全学的・組織的に取り組む私立大学等に対する支援を強化するため、経常費・設備費・施設費を、一体として重点的に支援するものです。

また、「私立大学等改革総合支援事業」の支援対象校に選定された大学において、取組の実施に必要な設備費がある場合に補助対象となる、「私立大学等教育研究活性化設備整備事業」においても、本学はタイプ4で採択されました(国際交流のためのマルチメディア機器の整備)。

本学では、1998年の開学当初から「国際文化交流学部」を掲げ、一貫してグローバル人材教育を行ってきました。日本の歴史や文化、国際的な位置づけを学びつつ、国際化プログラムとしては先進国と途上国での学習、手法としては理論と実践の両面から、期間としては長期と短期など、様々な手法で教育を行っています。そして、これからの時代に学生一人ひとりが活躍するための教育環境を、より充実させていきます。

事業の詳細は文部科学省のホームページをご参照ください。


トップへ戻る