外国人留学生入試・編入学試験(10月31日)の実施方法について

10月31日に実施予定の外国人留学生入試および編入学試験はいずれも、10月9日現在、入学者選抜要項に提示しているように本学において実施する予定です。ただし、今後、急激に新型コロナウィルス感染状況が悪化した場合には、本学入学者選抜要項において記したようにオンラインによる遠隔方式に変更する場合があります。引き続き、本学ホームページに注視くださるようお願いいたします。試験方式変更の最終期限は、1017日といたします。

 なお、オンライン方式に変更する場合、「面接」(外国人留学生入試、編入学試験)においては、志望学科における学びの意義の説明などを求め、主体性や学習意欲などを判断します。「学科に関わる試験」(編入学試験)は、口頭試問による学力考査の方式とします。外国人留学生入試における「英語」については、最終出身学校発行の成績証明書に基づいた書類審査とし、最終出身学校において英語の成績証明のない場合は英語母語話者教員による口頭試問により学力を考査します。また、編入学試験における「英語」についても、出願資格に関わる学校(短期大学、高等専門学校、大学等)が発行した成績証明書に基づいた書類審査となります。「日本語」(外国人留学生入試)に関しては、面接、口頭試問におけるやりとりを通して学力を考査します。

令和2年10月9日
学習院女子大学

  • HOME
  • 新着情報
  • 外国人留学生入試・編入学試験(10月31日)の実施方法について
PageTop