【協定・派遣】梨花女子大学(2014年 秋:山田)

派遣先大学の紹介ついて

韓国 梨花女子大学は、韓国でも最もレベルの高い女子大学として有名な大学です。学生たちの勉学に対する意識はとても高く、多くの刺激を受けることができます。韓国語の授業は少人数制のため、丁寧な教育を受けることができ、課題や小テストも定期的に行われる為、自身の語学向上にとても役に立ちます。また、様々な国の留学生と仲良くなることができ、交友関係も充実させることができます。さらに梨花女子大学は韓国語だけではなく、英語留学を目的に来る留学生もとても多く、英語で行われる授業が充実しており、日常会話で英語を使用する機会も多いです。また大学の施設はとても斬新で綺麗なので、観光名所にもなっており、校内にジムや本屋、レストランの他に映画館があるなど、整った環境にあります。

語学力アップの方法とその成果

私は高校生の時から韓国へ留学することを希望していた為、市販されている韓国語の本で勉強していました。大学進学後、2年間にわたり、韓国語の授業で基礎を固めました。留学の際に求められるハングル語検定の勉強も自身の語学向上に役に立ちます。私は学習院女子大学にいる韓国人学生たちと積極的に仲良くなり、日頃から活きた韓国語に触れ、リスニングやスピーキングの力を身につけました。現在は日々の課題をこなすのに予習、復習は欠かせません。中間・期末テストは留学生の私にとって、かなりハードルが高いので時間を要します。毎日勉強をすることはもちろん、テスト前は余裕をもって計画的に勉強を進める必要があります。私は3年次で留学したということもあり、安心して留学できるよう留学前までに卒業に必要な単位は全て取得しました。もし留学を考えるならば日本にいる間に授業を計画的に受講して、留学に備えるべきだと思います。

留学後のキャリアプラン

自身の社交的で明るい性格を活かし、接客業を視野に入れています。留学経験を踏まえて、日本と韓国の懸け橋となるグローバル社会を支える一人になりたいと考えています。帰国後は、すぐ就職活動を行わなければならないため、韓国での授業が終わり次第早めに帰国をする予定です。また、今から定期的に就職活動サイトに目を通しておくよう心がけています。

留学期間

実際の渡航日  
授業開始日 2014年8月18日
授業終了日 2015年6月22日
帰国予定日 2015年6月30日

留学中の1ヶ月生活費内訳

家賃 63,000円
食費 25,000円
光熱費 3,000円
水道費 840円
通信費(インターネット、電話代など) 9,040円
生活雑品費(衣類、日用品など) 15,000円
交通費 2,000円
娯楽費(旅行など) 10,000円
その他(医療費、教材費など) 10,000円

国際交流・留学

学習院女子大学の国際交流
国際交流推進センター紹介
海外協定校との学生派遣・受入状況
留学生サポーター制度
長期海外プログラム:留学制度
留学制度について
協定留学について
留学タイムテーブル
協定校一覧
ダブルディグリー留学について
協定留学体験記(学生の声)
奨学金について
短期海外プログラム:海外研修
短期海外プログラム一覧
カナダ語学研修
オーストラリア語学研修
ワシントンセミナー
ルワンダ国際協力研修
ラオス国際協力研修
ベトナム国際協力研修
中欧国際協力研修
ジュネーヴ研修
韓国研修
PageTop