【協定・派遣】レスブリッジ大学(2014年 秋:清水)

派遣先大学の紹介ついて

授業は25名程度の小規模な授業から300人を越す大規模な授業まで様々で、開講されている授業も多いため自分の興味分野の授業を見つける事が出来ます。図書館は夜23時まで空いていて勉強の環境も整っています。本やDVDも無制限で借りる事が出来るため、図書館に通うことが楽しくなります。また、留学生にとってありがたいTutoring serviceというシステムがあります。私は今、Sociologyの授業を受けていますが、既にこの授業を履修し終えている学生がTutorとして勉強をサポートしてくれます。希望制でしたが私は割と早めからこのサービスを活用していました。また、他国からの留学生も多いため友達もたくさんできます。留学生用に開講されているカナダの文化を学ぶ授業があり、ほぼ全員履修をしていました。授業の最後にグループプレゼンテーションがあり、メンバー全員が異なる国籍であることが条件だったので私は中国、メキシコ、イタリア、チリ人の留学生とチームを組み、プレゼンテーションを行いました。カナダ人の友達ももちろんできました。現在、Rotaract Clubという社会慈善団体に所属して地域社会の活性化やボランティア活動なども行っています。私は寮生活をしているため、3人のカナダ人と共同生活をしています。日常から英語に触れる機会があり、ルームメイトとのコミュニケーションが語学力アップに繋がっていると思います。

語学力アップの方法とその成果

TOEFLの規定スコアを超えるために6ヶ月間トフルゼミナールに通っていました。そこでの勉強で今一番役立っているスキルはWritingです。現在授業でいくつものessayの課題がありましたが、その時学んだスキルは今でも役立っています。また、Readingスキルも多少なりとも身に付けることができました。授業の予習や課題のために多くの文献を読みますが、長文を読む練習を事前に行っていたことで今スムーズに文章を読むことができています。

留学後のキャリアプラン

留学後は帰国してすぐ就活に取り組む予定です。現在カナダにいるので、日本でのセミナーや説明会に参加する事はできませんが、先輩とのSkypeを通して情報収集を行っています。実際に既に数名の先輩とSkypeを行っており、定期的に将来の事、自分の事について考える時間を設けています。今セメスターの全ての試験が終了した後、冬休みを有効活用し、ネットでの情報収集を始め、出来る限りの範囲で業界分析、企業研究を行う予定です。

留学期間

実際の渡航日 2014年8月31日
授業開始日 2014年9月3日
授業終了日 2015年4月29日
帰国予定日 2015年5月5日

留学中の1ヶ月生活費内訳

家賃 65,000円
食費 20,000円
光熱費  
水道費  
通信費(インターネット、電話代など)  
生活雑品費(衣類、日用品など) 50,000円
交通費 1,000円
娯楽費(旅行など) 30,000円
その他(医療費、教材費など) 10,000円

国際交流・留学

学習院女子大学の国際交流
国際交流推進センター紹介
海外協定校との学生派遣・受入状況
留学生サポーター制度
長期海外プログラム:留学制度
留学制度について
協定留学について
留学タイムテーブル
協定校一覧
ダブルディグリー留学について
協定留学体験記(学生の声)
奨学金について
短期海外プログラム:海外研修
短期海外プログラム一覧
カナダ語学研修
メルボルン語学研修
ワシントンセミナー
ルワンダ国際協力研修
ラオス国際協力研修
ベトナム国際協力研修
中欧国際協力研修
ジュネーヴ研修
韓国研修
PageTop