【協定・派遣】誠信女子大学(2014年 秋:佐々木)

派遣先大学の紹介ついて

留学生向けの授業は9割中国人、一般の授業はほぼ自分以外は韓国人です。学生同士の交流は授業でできた友人か、チュータリング制度というランゲージパートナーで同じグループになった友人がほとんどで、さらに交流を広げるために、サークルに入りました。授業が一コマ3時間あるため、多くても一学期に6〜7教科が限界です。一科目あたり3単位です。学習院女子大学と比べると、英語開講の授業が多いので、韓国語も英語も両方できるところがオススメです。履修登録は学期開講前に、先着順で行うので争奪戦ですが、留学生ひとりずつにバディーがつき、サポートしてくれるので安心です。

語学力アップの方法とその成果

留学前は、ハングル語検定のための学習や、本学での韓国語の授業の復習ぐらいしかしていませんでした。韓国に来てからは、机に向かう勉強はもちろん、友人とでかけたり、サークル活動をしたりして会話に重きを置いています。わからないことはその場でメモして、身につける地道な積み重ねをしています。また、単語帳で学習した内容が日常生活ですぐに役立ち、実践できる場にいるので、学習のやりがいを感じています。

留学後のキャリアプラン

自分にあった仕事は何なのか現在模索中ですが、航空会社かPR系の会社に興味があります。この留学を通して、自分は何を得て、どういった進路に向かいたいのか考えて生活しています。日本にいる大学生に遅れをとらないように、留学先でもできる情報収集などをやるように心掛けています。日本から持ってきた自己分析の本は今とても役に立っています。

留学期間

実際の渡航日 2014年8月11日
授業開始日 2014年9月1日
授業終了日 2015年6月末
帰国予定日 2015年6~7月

留学中の1ヶ月生活費内訳

家賃 30,000円(大学寮)
食費 20,000円以内
光熱費 寮費に含まれる
水道費 寮費に含まれる
通信費(インターネット、電話代など) 1,500円
生活雑品費(衣類、日用品など) 月々異なる
交通費 5,000円以内
娯楽費(旅行など) 20,000円以内
その他(医療費、教材費など) 5,000円

国際交流・留学

学習院女子大学の国際交流
国際交流推進センター紹介
海外協定校との学生派遣・受入状況
留学生サポーター制度
長期海外プログラム:留学制度
留学制度について
協定留学について
留学タイムテーブル
協定校一覧
ダブルディグリー留学について
協定留学体験記(学生の声)
奨学金について
短期海外プログラム:海外研修
短期海外プログラム一覧
カナダ語学研修
オーストラリア語学研修
ワシントンセミナー
ルワンダ国際協力研修
ラオス国際協力研修
ベトナム国際協力研修
中欧国際協力研修
ジュネーヴ研修
韓国研修
PageTop