誠信女子大学 専任講師 大田祥江さん

どのようなお仕事をされているか教えてください

韓国にある誠信女子大学の日語日文学科で専任講師をしています。学習院女子短期大学を卒業した後、一般企業に就職・留学を経験し、学習院女子大学に編入し直して日本語学を学びました。その後、さらに学習院大学大学院で修士号を習得し、現在、韓国で日本語教育に携わっています。

日本と韓国の学生では、どんなところに
違いがありますか?

同じアジアの国なので大きくは変わりませんが、韓国の学生の方が勉強量は多いです。日本の大学生はアルバイトをしたり、部活やサークルに入りますが、韓国ではほとんどの学生は部活などはやらずに、学校か「学院」と呼ばれる塾のようなものや、「スタディ」と呼ばれるグループで勉強していることが多いです。日本だと就職の際には部活やサークル活動、アルバイトやボランティアなどの経験が評価の対象になることもありますが、韓国ではTOEICのスコアや何語が話せるかで評価されます。就職については、韓国の学生達の方がずっとシビアに感じますね。大半の学生が一年間休学し、留学や集中勉強をして就職に備えるのも日本と大きく異なる点です。

og03_photo01.jpg

日本語教育者を目指したきっかけについて
教えてください

私は学習院女子短期大学時代に英語を専攻し、一般企業に就職しました。就職先で英語を使うことが多くなったことから、自分の可能性を見つめなおし、三年半後、短大時代にお世話になった先生の影響を受けてイギリス留学を決意し、退職しました。留学先で初めて外国人の友人ができ、英語を通じて友人になれたことで「語学ができると、世界が広がる」と感じました。  語学の教育者を目指すきっかけになったのは、クラスメイトだったアジアの友人達の言葉です。韓国の留学生から「日本に対しては歴史問題であまり良いイメージを持っていなかったが、英語で話をしているうちに、自分達と変わらないことがわかった」と言われて、そこで初めて相互理解を促す「言葉」というものはすごいと感じました。そして、台湾の学生から「ドラマで見る日本は、綺麗だけど冷たい印象だった。でも、実際に日本人と出会って、その温かさに驚いた。ぜひ日本に行ってみたい」という内容の手紙をもらってからは、「言葉」は使い方次第で「平和活動」にも 成り得るものだと確信しました。
そして、それまでの「英語を活かした仕事がしたい」という漠然とした思いが「もっと日本のことを世界に知ってほしい」「自分も世界平和に貢献出来る仕事がしたい」という思いに変化し、留学期間が終わる頃には日本語を教える仕事に就こうと決心しました。そこで、帰国後、四年制大学になった学習院女子大に編入して、日本語学を勉強することを決めました。

og03_photo02.jpg

学習院女子大学はどのような大学ですか?

短期大学だった時代の話ですが、高校生だった私が学習院を受験しようと思ったのは、友人に学園祭に誘われたことがきっかけでした。敷地に入った瞬間、「私は絶対ここに入る」と決めたんです。入学してみると、とてもアットホームな学校で毎日が楽しく、まさに青春そのものでした。音楽部に所属し、週四回以上練習に明け暮れました。同時に勉強熱心なクラスメイト達にも恵まれ、つられて真面目に勉強したとも思います。当時は就職氷河期と言われた時代でしたが、教職員の方々の行き届いたサポートのお陰でスムーズに就職することが出来ました。ひとりひとりが手厚いサポートが受けられるのも、少人数な学校ならではの良さですね。
短大から四年制大学に変わったと聞いたときには、少し残念な気持ちもありましたが、自分が実際に編入してみて、短大時代と変わらぬアットホームさと、より充実したカリキュラムを見て、その心配は全く無くなりました。歴史を大切にしながらも新しいことにチャレンジするところが、進化を続ける学習院らしさだと思います。 現在、私はソウルに住んでいますが、ソウルにも卒業生の集まりである「学習院桜友会韓国支部」があり、私は世話役を引き受けています。もう七〇歳を超えた韓国の方々が、懐かしそうな目をして学習院での楽しかった日々を語って下さるたび、改めて自分も学習院の卒業生であることに誇りを持ち、感謝せずにはいられません。OB・OG皆が母校を深く愛しているのも、学習院の素晴らしい点ですね。

後輩へのメッセージをお願いします

中高生からはっきりとした目標を持つことは難しいことだと思います。どうやって目標を見つければいいのかわからなければ、何にでもトライしてみてください。私自身、一般企業に就職してからこの道に進んでいるので、研究者としては少し遠回りをしています。
でも逆に、多くの経験をしていることで自信や確信を持てたこともありますし、学生達にアドバイス出来ることも数多くあります。失敗を恐れずにがんばってください。

卒業年・・・短期大学1997年、女子大学2005年(2003年に3年次編入学)、学習院大学大学院2007年
卒業学科・・・英語専攻1類(短期大学)、日本文化学科(女子大学)
所属している会社・部署名・・・誠信女子大学校(韓国ソウル市)
 日語日文学科 専任講師
所属していたゼミ・・・佐藤琢三ゼミナール
専攻・・・日本語学、日本語教育
卒業論文のテーマ等・・・
所属していた部活・サークル等・・・音楽部合唱団


トップへ戻る