【学生の皆さんへ】学生の飲酒について

 最近、未成年の飲酒をめぐって起きた事件について話題になっています。

 未成年の飲酒は「未成年者飲酒禁止法」によって禁じられているため、飲酒すれば法律に違反することとなり、大学としては見過ごすことのできない行為です。また、未成年期の飲酒は将来にわたり心身の健康に重大な影響を及ぼしかねないものです。成人においても過度の飲酒は同様の結果をもたらしかねません。

 大学祭の打ち上げなど複数人で集まり飲食する機会が多くなる時期ですが、学生の皆さんには、未成年者は決して飲酒しないこと、成年に達した学生も過度の飲酒は慎むこと、他の学生に飲酒を強要したり飲酒をあおったりする行為を厳に慎むことなど、飲酒に関する法律や社会的なルールを守ることを強く要望致します。

平成28年10月 学生部長 越塚美加


トップへ戻る