パーペチュアル・ヘルプ大学からの学生訪問について

10月2日(金)の朝、本学協定校であるフィリピンのパーペチュアル・ヘルプ大学から、インターナショナル・ホスピタリティ・マネジメント&ツーリズム学部Antiporda学部長とMendoza先生が26名の学生、日本人スタッフ2名と一緒に本学を訪問されました。

石澤学長からの挨拶の後、国際コミュニケーション学科ウーゴ准教授による日本文化に関する講義が英語によって行われました。日本に関する画像を紹介しながらの講義は、初めて日本を訪れる学生にとってもわかりやすいもので、日本を知る良い機会になったと大変好評でした。

キャンパス・ツアーでは、ボランティアの日本人学生と一緒に、品川教授(日本文化学科)のフードコンシャスネス論の教室にお邪魔し、その後、学食でのランチを楽しみました。

今回の訪問が、両大学のより深い交流に繋がることを期待いたします。↓写真は、ウーゴ先生の講義にて。

IMG_2661.JPG

IMG_2679.JPG

学食でランチ

IMG_2685.JPG

仲良くなりました!

IMG_2670.JPG

暴風雨も去り、気持ちの良い秋晴れの一日となりました



トップへ戻る