教員紹介 阿部 誠(あべ まこと)

職名

教授

担当科目

<学部>
日本文化演習Ⅰ~Ⅳ、日本文化基礎演習Ⅰ~Ⅳ、現代生活論Ⅰ(現代食品情報)、生活環境論Ⅲ(健康と栄養)、自然環境論Ⅲ(生物資源利用)、生活文化演習Ⅲ(食品製造)、生活文化演習Ⅳ(食品加工)
<大学院>
地域資源開発・利用演習(食糧安全保障)

専門分野

食品やその原料素材、食品の製造、加工、調理、貯蔵などについての科学的研究。

学位

農学博士

主な研究業績

(著書)

  • 『食の科学と生活』建帛社(2011年)(共著)
  • 『農産食品―科学と利用』文永堂出版(1984年)(共著)

(論文)

  • Effect of Number of Carbons in the Added Disulfide on Breadmaking Quality.
    Cereal Chemistry, 81, 710-713 (2004). (共著)
  • Proteases of Maitake (Grifola frondosa) Responsible for Breakdown of Wheat Flour Dough and Their Reaction with Gluten Proteins.
    Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, 67, 2018-2021 (2003). (共著)
  • Corn Kernel Cysteine Proteinase Inhibitor as a Novel Cystatin Superfamily Member of Plant Origin: Molecular Cloning and Expression Studies.
    European Journal of Biochemistry, 209, 933-937 (1992). (共著)

メッセージ

食は生命維持や健康維持に必須であり全ての人間に共通した根源的なものですが、一方で食べ物の素材、作り方、食べ方、調理法や嗜好性などは個人や家族、地域、国、民族などで様々です。この共通性と多様性が食に関することを考える時に重要であると同時に面白い点です。食と食物に関する学問は幅広い取り組みが可能です。研究を行う場合でも、現地調査のために各地を走りまわる、実験室で分析に没頭する、調理法や新しい利用法の開発のための試作に取り組むなど、方法も様々です。食の学問に関心のある方の積極的な参加を期待します。

<<教員紹介へ戻る


トップへ戻る