就職支援プログラム

学習院女子大学では、1年生の5月から卒業まで、就職活動のさまざまな支援プログラムを設けています。昨今の厳しい就職事情をふまえた、具体的かつ実践的な内容が中心です。就職活動において重要なことは、マニュアル的なテクニックを身につけることではありません。将来どんな分野で社会に役立ちたいのか。それを学生生活の中で見つけ、着実に準備していくことが求められます。知識としての教養ではなく、未知の事象に出会って問題を見つけ、調査し、解決の見通しをもって検証していく、そうした本来の「教養」を身に付け、自分の可能性と社会との接点を発見してください。

これからの進路についても、積極的に支援します。

就職情報室で企業研究
2号館1階に、企業研究のための情報や就職関連の資料を収集した就職情報室が常時オープンしています。就職情報室にはパソコンも設置され、インターネットを自由に利用できます。

就職に関連する授業
正規授業科目の中にも、実際の社会活動に直結するものがいくつもあります。なかでも特別総合科目群の中に「職業選択」という科目があり、専門家を招いて講義が行なわれています。この科目のように就職に関連して学ぶチャンスも幅広く用意されています。

学習院のネットワーク
学習院に学んだものは、すべて「学習院のOG・OB」として、就職活動についても、本学の学生に対しさまざまな場面で惜しみない支援をしています。また、就職対策セミナーとして、学習院大学との合同セミナーも開催しています。学習院女子大学は新しい大学ですが、すでに多くの先輩が各分野で活躍しています。

就職支援学生専用サイト
求人情報、Web掲示板機能などをもった、学生専用就職サイトを開設しています。家にいながらにして就職の各種情報をチェックすることができます。 

就職支援プログラム

少人数制の利点を活かしたきめ細かい就職支援
ゼミ形式のような少人数制のセミナーも数多く開催する他、当初のスケジュールに加えて、随時学生からの要望に応じた企画を立て、即実施したり、就職活動中の学生に個別に電話し、求人紹介や相談に対応するなど、きめ細やかな就職支援を行っています。

就職対策セミナー
1年生の「就職を見据えた学生生活の送り方」から始まり、3年生の「就職活動の実践的な指導」まで、幅広いセミナーを用意。キャビンアテンダント対策講座等、女子大学ならではの就職対策セミナーを多数開催していますが、それに加えて学習院大学の就職支援プログラムへの参加も可能です。このように学習院大学とも連携して就職支援を行っています。

面接対策セミナー
学習院の卒業生組織「桜友会」の協力で、本番さながらの模擬面接を実施。人事などの第一線で活躍する卒業生の徹底した個別指導を受けることで、自信を持って就職活動に臨むことができます。

4年生の内定者によるサポート
内定を得た4年生による就職活動報告会では、最新の就職状況を聞くことができます。エントリーシートの書き方、筆記試験対策、面接などについて身近な先輩である4年生が、自分の体験に基づき3年生の疑問や不安に答えます。

企業説明会・業界研究セミナー
各業界有力企業の人事担当者を本学に招いて、業務内容や採用状況等についての生の情報が得られます。質疑応答では人事担当者の本音を聞くこともできます。


トップへ戻る