ソーシャルメディアガイドライン

ソーシャルメディアとは個人の情報発信により形成されるインターネット上のメディアのことであり(ブログ,FacebookやTwitterなどのSNS,動画共有サイトなど),現在,世界中で多くの人が参加して互いにコミュニケーションを行っています。しかし,ソーシャルメディアの影響力に対する認識不足から,発信内容がトラブルにつながる事例も発生しています。ソーシャルメディアを利用する場合は,そのようなトラブルから自分自身を守るために本ガイドラインの内容を理解した上で,学生生活の充実や交流を深めるための手段として有効に活用して下さい。

1. 法令遵守
日本国の法令を遵守して下さい。留学や旅行などの海外渡航中においては,諸外国の法令や国際法を遵守して下さい。

2. 個人の尊重
多様な価値観があることを認識し,人権の尊重や倫理に反する内容で他者を傷つけるような発言は慎んで下さい。実社会で求められるものと同じ,良識ある態度を取って下さい。

3. 正確性
虚偽の情報を流さないよう,発信内容の正確性の確保に努めて下さい。ソーシャルメディアは強い伝播力を持っており,不正確な内容が大きな混乱につながる可能性があります。また,間違った情報を発信したときは速やかに訂正して下さい。

4. 守秘義務・機密情報の取り扱い
大学で知り得た情報(他人の個人情報や研究上の秘密など)に,守秘義務が課せられている場合や機密情報が含まれている場合があります。このような情報を不用意に発信しないように注意して下さい。学生個人が学外活動において関わる組織についても同様です。

5. 学習院女子大学の一員として
学習院女子大学の一員であることを自覚し、責任をもって利用して下さい。大学名を明かしていない場合でも,過去の発言内容から所属組織や個人名が推測できる場合があります。自分以外にも多くの関係者がいることを認識し,軽率な発信はしないように努めましょう。

6. 個人情報・プライバシーの保護
第三者による個人特定につながる情報やプライバシー性の高い情報を発信する場合は,情報の公開範囲に気を付けて下さい。いったん発信した情報を自身によって完全にコントロールすることは事実上不可能です。複数のSNSを利用している場合は,それらがつき合わされて情報が漏えいするケースもあります。また,自身の発信する内容によって他人のプライバシーを侵害しないように気を付けて下さい。

以上


トップへ戻る