よくいただくご質問

在校生の方

【授業について】

Q. 講義名の後についているローマ数字やアルファベットについて教えてください。
A. ローマ数字は同じ講義名でも内容が違うことを示しています。カッコ内の副題も違いますのでシラバス等を熟読して、履修計画に則って履修していきましょう。
科目名のローマ数字が同じものは、科目名に続いてついているアルファベットに関係なく、履修できません(例:○○IAと○○IBはどちらか1つしか履修できません)。

Q. 初回の授業に出たら、その授業を履修できるのですか。
A. まずは各講義の初回授業に出席して下さい。教室収容人数以上が集まった場合はその場で人数調整致します。希望の講義には必ず初回出席して下さい。

Q. 初回授業の人数調整で希望の授業を取れませんでした。どうしたらよいでしょうか。
A. 次年度以降に履修できるよう計画を立てて下さい。

Q. 便覧の共通科目講義一覧にある配当年次について教えてください。
A. 各講義において学年により履修できない科目があります。注意して下さい。

Q. 集中科目について教えてください。
A. 通常講義とは別に、長期休暇(春/夏)に期間を集中的に決めて講義もしくは実習(構内外含む)が実施されます。各講義において申込み方法等が異なりますので、ガイダンス、掲示板等を必ずチェックしてください。

Q. 筆記用具を忘れてしまいました。貸し出しは行っていますか。
A. 文房具は、学科事務室・サポートセンターによって貸し出しているものが異なります。詳しくは、学生手帳の9・10ページを見てください。忘れた場合は蓁々会もしくは紀伊国屋書店で購入して下さい。

【試験・成績】

Q. 授業を事情があって欠席します。何か手続きは必要ですか。
A. 授業の欠席事由が公認欠席の事由に該当する場合、公認欠席扱いとなります。公認欠席事由消滅後1週間以内に、公認欠席願及び欠席を証明するもの(診断書等)を教務部に提出してください。公認欠席願は教務部窓口で配布するほか、ホームページからダウンロードすることができます。詳細は、学生便覧の「教務部関係―2.欠席」の頁を参照してください。

Q. 定期試験の時間割発表はいつ行われますか。
A. 定期試験初日の1~2週間前に教務課掲示板及びホームページに掲示します。

Q. やむを得ない事由により定期試験を受けることができないときはどうすればいいのでしょうか。
A. 正当な事由により試験が受けられない場合、追試験を受けることができます。学生便覧「教務部関係―7.追試験」の頁を参照してください。詳細は、定期試験の時間割とともに掲示します。

Q. 成績結果について教えてください。
A. 春学期成績結果は9月中旬の秋学期ガイダンス時に配付します。詳細は7月上旬に掲示します。また、秋学期成績結果は3月下旬の春学期ガイダンス時に配付します。詳細は1月上旬に掲示します。

Q. 保証人への成績通知について教えてください。
A. 年1回(4月下旬)、国内に居住している父母保証人へ成績通知書を送付します。

【共通科目について】

Q. 共通科目について教えてください。
A. 学科を問わず履修することのできる科目群で、お渡ししている時間割の中に【専門科目】【共通科目】【司書課程】【日本語教員科目】【大学院科目】【学芸員科目】という区分があります。その中の【共通科目】を指します。

Q. 最初から決まっている講義(基礎演習や英語)以外で、英語以外の共通科目講義はどれを履修したらよいのでしょうか。
A. 便覧の各学科の履修規定を熟読して、各自で履修計画を立てて下さい。

Q. 事前調整科目は1つしか当選しないのですか。
A. 申し込んだ科目が複数当選する場合もあれば、一つも当選しない場合もあります。調整方法はパソコンでランダムに行います。特に在学生の場合は、過去の履修状況によって当選する数は異なります。申し込んだ科目については、本人控えと照らし合わせて必ず結果を確認してください。当選した科目については必ず履修登録をすることになるので、履修取り止めはできません。当選した際に履修できる科目のみ申し込みましょう。

Q. 同じ科目や、同じ曜日・時限のものが当選してしまうことはありますか。
A. 同じ科目を3つ申込んだとしても、当選する場合はその中から1つです。
(例えば、情報処理Ⅰ群をいくつ申込んでも、当選する場合はそのうちの1つだけです。同じ科目が複数当選することはありません。同じ科目をいくつ申込んでも1つも当選しない場合もあります。)
また、同じ時限の科目が複数当選することはありません。
(例えば、木曜3限の「伝統文化演習ⅤC(茶道)」と同じ木曜3限の「情報処理ⅠI(コンピュータ入門)」を申込んだ場合、当選する場合はそのどちらか1つです。どちらも当選しない場合もあります)。

Q. 事前調整科目が全て、当選しませんでした。もう絶対に今学期の事前調整科目は履修できないのでしょうか。
A. 残念ながら調整して定員がいっぱいになってしまった科目は、履修できません。
しかし、定員割れした科目があった場合、その科目を履修できるチャンスがあります。追加募集については、掲示版を確認してください。

Q. 昨年春学期に、表千家の伝統文化演習ⅤC(茶道)を履修しました。今年度の春学期に、流派の違う裏千家の伝統文化演習ⅤA(茶道)は履修できますか。
A. できません。流派・曜日は異なっても「伝統文化演習Ⅴ」が重複履修となります。同じローマ数字(Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ、Ⅳ、Ⅴ...)の科目はその後ろにつくアルファベット(A、B、C...)が異なっても履修できませんので、ご注意ください。

Q. 就職活動や教育実習で、お休みしてしまうことがあると思うのですが、伝統文化演習科目を欠席した場合、成績はどうなるのでしょうか。また、申し込みは出来ますか。
A. 演習科目の成績は出席を重視しています。また、グループやチーム活動で行う授業もありますので、欠席者が出てしまうと授業の進行に差支え、他の履修者に迷惑がかかってしまいます。実習科目を申し込む場合は、必ず毎回出席できるかどうか確認した上で申し込んでください。
※特に有職故実や食品加工では、グループ実習やグループテストを行いますので欠席することのないようにしてください(就職活動・教育実習と重なる方は申し込みできません)。

Q. 友人はいくつも事前調整科目に当選しているのですが、私はなかなか当選しません。同じ学年なのになにか違いがあるのでしょうか。
A. 事前調整科目の倍率は、その学期ごとに変わります。また、過去に伝統文化演習科目を履修していた人は一度も履修していない人に比べ当選確率が低くなります。

Q. 秋学期に伝統文化演習を履修していたのですが、途中放棄をしてしまいました。次の春学期に再度申し込みはできますか。
A. 事前調整科目に当選した科目は最後まで履修してください。前学期に事前抽選で当選していた科目を履修放棄した場合は、ペナルティとして伝統文化演習科目並びに生活文化演習科目については、今学期は申し込みできません。申し込んでも無効となります。
ただし、情報処理科目は必修科目ですので申し込むことが可能となっています。

Q. 事前調整科目を履修したいのですが、申込期間内に申込みし忘れてしまいました。
A. 残念ですが申込み期間を過ぎてしまった場合は、一切取り扱いできません。締め切り期間・時間は厳守してください。留学などのやむを得ない事情により、申込期間に不在の場合はあらかじめお知らせください。

【英語について】

Q. 再履修について教えてください。
A. 各担当の掲示版に詳細が出るのでよく確認してください。申し込み締め切り後の申し出は認められません。

【情報科目について】

Q. 情報処理はⅡ→Iの順序で履修することは可能ですか。
A. 情報処理Ⅱから履修することも可能ですが、内容的にIを先に履修することをおすすめします。

【司書課程について】

Q. 司書課程はいつから履修出来ますか。
A. 1年生は秋学期から履修が可能になります。詳しい履修の仕方については、春に行われる司書過程ガイダンスにて説明します。

【施設について】

Q. 学生研究室の開閉時間を教えてください。
A. 原則として、平日・土曜日は8:00~20:30まで開いています。
PCもこの時間に限り使用可能となっています。日曜日は閉室となっています。

Q. ポスター等を掲示したいときの手続きを教えてください。
A. 「学内掲示許可申請書」(学生部カウンター備付)を提出し、必ず許可を得てから決められた場所・方法で掲示してください。

Q. 教室・体育館・テニスコート等の施設を使用したいときの手続きを教えてください。
A. 「施設貸出受付台帳」(学生部カウンター上備付)で、使用希望日時の予約を済ませてから、「教室(施設)使用申込書」または、「スポーツ施設使用申込書」を学生部窓口へ提出してください。

Q. 大学の備品を借りたいときの手続きを教えてください。
A. 「物品借用願」(学生部カウンター備付)を提出してください。

【その他】

Q. 他の学科へ移りたいと思っています。転科について教えてください。
A. 第3セメスターまたは第4セメスターからの転科希望者に対し転科試験を実施します。(英語コミュニケーション学科は第3セメスターからの転科のみ)主なスケジュールは下表のとおりです。教務部で要項・願書を配布します。

転科時期(セメスター) 転科先の学科 要項・願書配布 選考時期
第3セメスターからの転科 日文・国コミ・英コミ 10月 11月〜12月
第4セメスターからの転科 日文・国コミ 5月 6月〜7月

Q. カラーコピー(コピー、プリンタ含む)は学内でできますか。
A. できません。恐れ入りますが、お近くのコンビニをご利用下さい。

Q. 忘れ物はどこに保管されていますか。
A. 忘れ物は学生部に届きます。忘れ物をした場合は学生部へ行って確認するようにしてください。もし届いていない場合でも、後日届くこともありますので、随時確認するようにしてください。

Q. 遺失物・拾得物・盗難がありました。どこに届ければよいですか。
A. すぐに学生部まで届出をして(知らせて)ください。

【就職について】

Q. 就職活動全般に不安があります。どのように手をつけたらよいのでしょうか。
A. なかなか進路が決まらない、どんな企業に就職すべきなのか等不安に感じることもあろうかと思います。就職部では就職活動準備時期に合わせた就職対策セミナーを開催していますので、ともかくなるべく参加してみてください。道が開けると思います。

Q. 興味がある業界や企業がありません。きちんと就職できるでしょうか。
A. 大学入学時までに進路や志望企業を決めている方もいますが、実際はあまり業界や企業にこだわらずに就職活動を行い、多くの先輩や企業の人々に出会う中で、それぞれが自分にふさわしい就職先を見つけています。就職活動には筆記試験や面接等対策も必要ですが、就職先はむしろ就職活動を行いながら自分で見極めていくものと言った方がよいほどです。焦らずに充実した大学時代を過ごして、就職活動に臨んでみてください。きっとふさわしい企業との出会いがあると思います。

Q. 取得しておくとよい資格はありますか。
A. 英語能力が必要とされる職種(主にキャビンアテンダントや地上職など航空業界やホテル業界)は、応募時にTOEICスコアの申告が必要な場合もあるので、少しでも高いスコアを取得しておくことをお勧めします。何も興味がないのに「就職に有利だから」と言う理由だけで資格取得を目指すのではなく、本当に興味を持てる資格について勉強する方が有意義です。資格取得の勉強は努力が必要ですから、「資格取得までの努力」を就職活動時にアピールすることはできるかもしれません。

Q. クラブやサークルに入らないと就職には不利でしょうか。
A. 就職活動では学生時代の経験で得たこと、能力等を「いかにその企業で活かせるか」をアピールします。つまり、企業で活躍できる人材であることをうまくわかってもらえるならば、クラブやサークル活動に参加していなくとも、不利だとは思えません。「就職活動のアピールのために経験しておく」という目的ではなく、勉学でもアルバイトでも、何かしら学生時代にアピールできるような経験があれば就職活動の際には役立つと思います。

Q. 進路選択に関してのサポート体制について教えてください。
A. 就職に限らず、進学等卒業後にはいくつかの進路がありますが、就職部は学生のみなさんが進路選択について考えていくお手伝いをしています。中でも就職に関しては、充実したサポート体制を敷いています。低学年からのキャリア関連セミナーも含めて、就職活動が本格化する3年生対象には数多くの就活支援プログラムを用意し、また、少人数制校である利点を活かして、応募書類や面接の対策等きめ細かな個別対応も行っています。質問も書き込める学生専用就職サイトの掲示板では、就職部に加えて、4年生からの温かなアドバイスも活発に寄せられ、就活生の心の支えになっています。

【課外活動について】

Q. 新しくクラブを設立したいときはどうすればよいのでしょうか。
A. まずは「各部常任委員会室」へ行き、新団体を設立する意志をお伝え下さい。詳しくは、学生手帳「課外活動クラブ」の欄をご覧下さい。

Q. どんな団体がありますか。
A. 学生手帳「輔仁会女子大学支部公認団体紹介」の欄をご覧下さい。

Q. 課外活動中に事故等が発生したときの対応について教えてください。
A. まず、保健室や最寄りの病院で手当を受けてください。その後すみやかに学生部へ連絡してください。

Q. 課外活動団体が合宿をします。手続きはどうしたらよいでしょうか。
A.「合宿許可願」・名簿・日程表を学生部窓口へ提出してください。 

【証明書・手続き等について】

Q. 卒業見込・成績証明書等の発行はどこで受け付けていますか。
A. 自動証明書発行機(7号館1階)で、発行して下さい。発行可能時間は、平日 8:40~16:45、土曜 8:40~12:30までです。

Q. 在学証明書の発行はどこで受け付けていますか。
A. 自動証明書発行機(7号館1階)で、発行して下さい。発行可能時間は、平日 8:40~16:45、土曜 8:40~12:30までです。

Q. 学割証の発行について教えてください。
A. 自動証明書発行機(7号館1階)で、発行して下さい。発行可能時間は、平日 8:40~16:45、土曜 8:40~12:30までです。

Q. 健康診断証明書の発行手続きについて教えてください。
A. 5月1日以降に、自動証明書発行機(7号館1階)で、発行して下さい。英文の健康診断証明書、その他特別な証明書が必要な場合は、保健室にご相談ください。

Q. 通学定期券を購入する時に必要な書類について教えてください。
A. 春学期のガイダンスで配布する「通学定期乗車券発行控」と「学生証」を、駅の窓口で提示して下さい。「通学定期乗車券発行控」は、1人1枚です。紛失しないよう、大切に保管して下さい。

Q. 住所が変わりました。住所変更届について教えてください。
A. 学生部窓口に置いてある「住所変更届」を、学生部に提出して下さい。その際、「住民票」の写し、または転居を証明できるものが必要となります。

Q. 通学経路が変わりました。何か手続きが必要ですか。
A. 「通学定期乗車券発行控」を持参の上、学生部にお越し下さい。

Q. 学生証を紛失してしまいました。再発行の手続きについて教えてください。
A. ただちに、学生部窓口に置いてある「学生証紛失届」と「証明書請求票」を提出して下さい。再交付には、2,000円かかります。当日、再交付致します。 

Q. 休学・退学・復学の手続きについて教えてください。
A. 学生部窓口で、「休学願」「退学願」「復学願」を受け取り、提出して下さい。病気の際は、医師の診断書が必要となります。また、上記の願いを提出する際は、担当教員(1・2年生は各学科の学生委員)との面談が必要となります。

Q. 学費が期日までに納められないときの手続きについて教えてください。
A. 学生部窓口に置いてある「授業料延納願」を提出して下さい。提出期限は、各納付期限の1週間前までとし、延納を認める期限は、春学期(第1期)分は8月31日まで、秋学期(第2期)分は1月31日までです。

Q. 学費の納付書を紛失しました。再発行の手続きについて教えてください。
A. 再発行しますので、電話で財務部会計課へ連絡してください。

問い合わせ先:学校法人 学習院 財務部 会計課
〒171-8588 東京都豊島区目白1-5-1 電話 03(3986)0221(代) 内線2237
平日8:40~16:45(昼休み11:30~12:30) 土曜8:40~12:30

【相談窓口について】

Q. アルバイトの窓口はありますか。
A. 「学生アルバイト情報ネットワーク」で、学習院女子大学専用のアルバイトを照会しています。また、官公庁のアルバイトは、学生部カウンターで閲覧することが出来ます。

Q. 住まいの紹介などの窓口はありますか。
A. 本学では(株)学習院蓁々会を窓口として住まいの紹介を行っています。希望の物件を探すことができます。

Q. セクシャルハラスメントに関する相談について教えてください。
A. 学生部掲示板に示してあるハラスメント相談員に相談してください。

卒業生の方

【証明書・手続きについて】

Q. 卒業証明書・成績証明書等の発行はどこで受け付けていますか。
A. 窓口での申し込みと、郵送での申し込みができます。海外在住の方は、日本在住のどなたかを代理にお申し込み下さい。詳しくは、卒業生向け証明書の欄をご覧下さい。  


トップへ戻る